NEWS

原発ゼロ「段階的に目指すべき」の声が多数

2013年07月01日 22時31分 JST | 更新 2013年07月03日 20時14分 JST
AFP時事

6月30日のハフィントンポストの記事で、日本が「原発ゼロ」を目指すべきかを読者に聞いたところ、2日間で70件を超えるコメントが集まった。

様々な声があったが、自民党以外の主要政党の主張に賛同して「原発ゼロをめざすべき」という意見が最も多かった。ただし、その中では「原発が絶対にダメ」と無条件で原発廃止を求めるトーンはそれほど多くなく、段階的に原発依存度を下げていくべきという慎重な意見が主流だった。

一方で、自民党の石破茂幹事長の主張に賛同して「世界に誇るべき原発技術を更に磨いて欲しい」などと「原発ゼロ」に反対する意見も複数寄せられたが、やや少数派だった。

主なコメントから抜粋して整理してみた。

■「原発ゼロを段階的に目指すべき」の主な意見

当然、目指すべきですね。但し、安全で安価で安定的なリソースが無い間にゼロにすべきでは有りませんね。理想的には、核融合炉の商用化と同時にゼロにすべきですが、その他のエネルギー・リソースで同じ条件を満たすのもが有れば、その商用化計画に従ってゼロにすべきです。
mur19562013年06月30日 17時58分

『条件付き』廃止、を求めたいと思う。“条件”とは、原発に替わる、かつ現行の火力発電に頼らない発電システム構築、である。日本のシステムは電気に大きく依存している中、環境が悪化(酷暑・厳冬)すれば一気に電力供給は逼迫するのが現状だ。
koroku2013年06月30日 22時42分

私自身は、段階的脱原発派でしょうか。津波堤防作ったからはい再稼働、というのはちょっと違うなと思う。時期的なことを言えば、おそらく民主党のヴィジョンに近いでしょう。
luckypara2013年06月30日 19時40分

■「原発ゼロに無条件で賛成」の主な意見

事故を起こしてしまった事実を真摯に受け止め、ゼロを目指すべきと思います。原子の火を人間が完全にコントロールできないことは、アインシュタイン博士の時代から明白なことではないでしょうか。
masa22013年06月30日 19時38分

地震大国日本で、いつ次の過酷事故がおこるともしれない。いま原発終了に向けて舵を切らなければいけないはずなのに、稼働や輸出をしようとする自民党の方針は納得できません。
RumiGadogado (2013年07月02日 01時40分

核廃棄物の問題が永久に解決する見通しがない。よって、原発をこれ以上増やしたり、稼動させたりすることはナンセンスだ。
k-taro012013年07月01日 00時02分

■「原発ゼロに反対」の主な意見

この国ではマスコミを中心に原発に過敏になりすぎています。事故を起こした初期の技術から最新の原発の技術は大きく進歩しています。震動に対するセンサー技術や自動対応技術も進んでいます。世界に誇るべき原発技術を更に磨いて欲しい。


fireworkcatalog2013年06月30日 23時45分

これに関しては、石破幹事長の言うとおりでしょう。経済の実態や、電力をめぐる状況を冷静にみれば、当面は原子力発電を維持するしか現実的な選択はないと思います。将来的は色々な選択肢もありえるかもしれませんが、それは現時点ではかなり厳しいでしょう。
lancia122013年06月30日 21時19分

ゼロにできるなら、やってみればいいと思いますよ。でも、核廃棄物の問題は、原発をゼロにしたところで、直面する問題なので、原発反対だからそれは賛成派が考える問題だというのはちょっと違うかな?と思います。
Yoshifumi Nakagawa(2013年07月02日 11時25分)

【※】このように大きく分けて3つの流れに分かれていますが、読者の皆様が一番共感できる主張はどれになりますか?コメント欄にご意見をお寄せください。

関連記事

日本の主な原子力発電所と関連施設