NEWS

【iPhone5S】新色ゴールド WSJ関連サイトが報道

2013年08月21日 00時06分 JST | 更新 2013年08月21日 00時12分 JST
engadget

アップル、「シャンパンのような」金色の新 iPhone を来月発表へ (AllThingsD)

次の iPhone には新色ゴールド追加」のうわさに続報がありました。リンク先の AllThingsD では、匿名の「情報を知り得る立場にいる人物」による証言として、近日中に発表を迎える新 iPhone には白と黒に加えて確かにゴールド本体色が用意されると伝えています。

当然ながらアップルの発表ではなく、あくまで「詳しい筋によると」ではありますが、Wall Street Journal ネットワーク傘下の AllThingsD といえば、主催イベントにジョブズ前CEOやクック現CEOを招くなどアップルと縁が深いサイトです。

また「詳しい筋」によれば、新色のゴールドは「金塊よりもシャンパンに近い」「エレガント」な色調。そういえば先日から出回っている「流出パーツ」写真でも濃い金色ではなく、いわゆるシャンパンゴールドに近い色合いに写っていました。

そのほか、特に新情報ではない単なる考察としては、金色を用意する理由はアルミ筐体の酸化皮膜(アルマイト)加工で作るのが楽だから、現行の iPhone 5 ではなく新型であることを分かりやすく示せるから、そしてやはり、中国の富裕層が特に好む「高級感」のある色だから、など。

逆に言えば、それぞれ「iPhone 5S (仮) はアルミ筐体を採用する」「金色でなければパッと見は分からない程度にしか iPhone 5 と変わらない」のでは?と想像することもできます。

正当な後継モデル iPhone 5S (仮) と廉価版の樹脂筐体モデル iPhone 5C (仮) が用意されるともいわれる新 iPhone は、今のところ9月10日のイベントで発表説が有力です。

【関連記事】