NEWS

Amazonが医薬品販売を本格スタート 風邪薬や胃腸薬など店頭より割安に

2013年09月26日 00時13分 JST | 更新 2013年09月26日 00時13分 JST
EPA時事

ネット通販最大手のAmazonが、日本で一般用医薬品の本格的な販売をスタートさせた。これまで扱ってきたビタミン剤などの「第3類」に加えて、風邪薬や胃腸薬など需要の大きい「第2類」まで品ぞろえを広げた。MSN産経ニュースが報じている。

【関連記事】

医薬品のネット販売は厚生労働省が省令で規制してきたが、ネット販売事業者が提訴。今年1月に最高裁が省令を無効とする判決を出した。

これを受けて6月には、政府も成長戦略でネット解禁を打ち出したことで、マツモトキヨシやサンドラッグなどのほか、ビックカメラやヤマダ電機など異業種も参入することになった。今のところ、アマゾンのサイトに出店しているテナント企業が販売する形だが、今後は直接販売することや、より効き目の強い「第一類」の医薬品の販売も検討している模様だ。朝日新聞デジタルでは、今回のアマゾンの動きを以下のように報じた。

商品によっては、ドラッグストアなど店頭で買うよりも割安になる。また、即日配送するテナント企業もある。アマゾンも直接販売することを検討する。(略)より効き目が強く副作用リスクが高い「第1類」については現在、厚生労働省が販売ルール作りを検討している。アマゾンは「第1類」についても販売を検討している。

(「アマゾン、大衆薬の取り扱い開始 店頭より割安商品も」2013/09/24 23:21)

【※】読者の皆様はアマゾンが医薬品のネット販売に本格参入したことについてどう考えますか?コメント欄にご意見をお寄せください。