ニュース

オバマケア、トラブル続きのオンライン経由を避けて保険加入できるように認める / 11月20日の各国版スプラッシュ

2013年11月20日 18時36分 JST | 更新 2013年11月20日 20時54分 JST
Huffington Post


ハフィントンポスト各国版11月20日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。本日はUS版よりお伝えします。

10月1日の運用開始からトラブル続きのオンライン保険加入サイト「HealthCare.gov」。オバマケア(医療保険改革法)、そしてオバマ大統領への支持を急落させたシステムのトラブルによって、政権運営の致命傷となりかねないダメージを負っています。

IF AT FIRST YOU DON'T SUCCEED... 最初にうまく繋がらなかったら…

sp

オバマケア(医療保険改革法)の一環として10月1日にオープンした保険への加入を行うウェブサイト「HealthCare.gov」は、運営初日から立て続けにクラッシュしたりログインできなかったりとトラブル続きですが、今後はHealthCare.govを通さず、直接民間の保険会社やネット証券会社に申し込みができるようになります。

オバマ政権はトラブル続きのHealthCare.govを通さないで容易にサインアップできる方法を模索しています。用紙や電話での申し込みもできるように資金援助も行う方針です。

11月19日、ホワイトハウスのジェイ・カーニー報道官は、保険加入者が保険会社と直接やりとりする際の方法として、オンライン以外の加入も認める方針だと述べました。

【US版】オバマケアを嫌う人たち

Obamacare Haters

【その他の各国版スプラッシュ】

各国版本日のスプラッシュ 11月20日

【マグレブ版】ラ・マルサの路上で…

Sur la grande route de La Marsa...

【ドイツ版】変わり種のアドベントカレンダー

Adventskalender - Kreative Alternativen

【フランス版】フランス、ワールドカップ本大会出場決定

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています