ニュース

フィリップ・シーモア・ホフマンさん死去 映画「カポーティ」でアカデミー賞

2014年02月02日 23時05分 JST
Rich Schultz via Getty Images
NEW YORK, NY - DECEMBER 25: American film actor Philip Seymour Hoffman looks on as the Oklahoma City Thunder play the New York Knicks during an NBA basketball game at Madison Square Garden on December 25, 2013 in New York City. The Thunder defeated the Knicks 123-94. NOTE TO USER: User expressly acknowledges and agrees that, by downloading and/or using this photograph, user is consenting to the terms and conditions of the Getty Images License Agreement. (Photo by Rich Schultz /Getty Images)

アメリカの俳優、フィリップ・シーモア・ホフマンさんが2月2日、ニューヨークの自宅アパートで死去しているのが見つかった。46歳だった。ホフマンさんは、作家トルーマン・カポーティを描いた映画「カポーティ」でアカデミー賞の主演男優賞を受賞している。ロイターが以下のように伝えた。

ニューヨーク市警によると、ホフマンさんは自宅のバスルームで意識がない状態で発見され、救急隊員が現地で死亡を確認した。

(ロイター「オスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマン死去、薬物過剰摂取か」2014/2/03 09:32)

ホフマンさんは見つかったときに腕に注射器を刺したまま倒れていた。ニューヨーク・タイムズでは、警察筋の情報として「死因は薬物の過剰摂取による急性中毒」と報道している

ホフマンさんは1967年にニューヨーク州に生まれた。ニューヨーク大学で演技を学んだあと、1990年代から映画やドラマに出演し、演技派として頭角を現した。2005年の「カポーティ」が出世作となった後も、2013年の「ザ・マスター」など3作品でアカデミー助演男優賞の候補になっていた。

関連記事

2013年に亡くなった人々