ニュース

2円切手の動物は? 消費増税対応の新はがき・切手、発売開始【画像】

2014年03月03日 00時41分 JST | 更新 2014年03月03日 15時32分 JST
日本郵便

2014年4月からの消費増税に合わせ、日本郵便は3月3日、全国の郵便局で新しい料金体系のはがきや切手の販売を開始した。郵便料金の値上げは約20年ぶりとなる。NHKなどが報じた。

日本郵便は、来月からの消費税率の引き上げに合わせて郵便料金を値上げするのに伴って、3日から新しい料金体系でのはがきや切手の販売を始めます。



消費税率の引き上げに合わせて来月から郵便料金を20年ぶりに引き上げ、このうち、はがきは現在の50円から52円に、現在の80円切手は82円に、それぞれ値上げします。



(NHKニュース「増税 新料金体系のはがき・切手販売へ」より 2014/03/03 10:59)

日本郵便によれば、新切手のデザインのテーマは「日本の自然」。年間を通して利用者に親しまれるようデザインしたという。52円切手にはソメイヨシノ、82円切手にウメの図柄が選ばれた。なお、2002年に発売を終了して以来の復活となった2円切手のデザインは、かつての秋田犬から、北海道に生息しているエゾユキウサギとなった

現在の50円のはがきや80円の切手などは、記念切手を除いて、3月末で販売を終了するという。

2014年発行 普通切手・郵便はがきの新デザイン

【消費増税などの関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています