NEWS

尖閣諸島、安保適用を明記へ きょう首脳会談、日米共同文書に

2014年04月23日 20時09分 JST
SAUL LOEB via Getty Images
US President Barack Obama listens to Japanese Prime Minister Shinzo Abe (R) during a trilateral meeting with the South Korean president at the US ambassador's residence in The Hague on March 25, 2014 after they attended the Nuclear Security Summit (NSS). Obama hosted the much-anticipated first meeting between the Asian leaders with relations between Tokyo and Seoul at their lowest ebb in years, mired in emotive issues linked to Japan's 1910-45 colonial rule and a territorial dispute, as well as Japan's use of South Korean 'comfort women' sex slaves in wartime brothels. AFP PHOTO / Saul LOEB (Photo credit should read SAUL LOEB/AFP/Getty Images)

尖閣に安保適用明記へ きょう首脳会談、日米共同文書に

オバマ米大統領が23日夜、来日した。安倍晋三首相と24日午前、東京・元赤坂の迎賓館で首脳会談した後、共同記者会見を行う。日米は、尖閣諸島への日米安全保障条約の適用を明記する共同文書を発表する方向だ。環太平洋経済連携協定(TPP)では、お互い譲歩することで両首脳が一致しており、大筋で合意する可能性が出てきた。

安倍首相とオバマ氏は23日夜、東京・銀座のすし店「すきやばし次郎」で約1時間40分にわたって会食。北朝鮮や中国、TPPなどの話題について意見交換した。

TPPについては、双方が譲り合い、妥協点を探ることで一致。両首脳は交渉責任者の甘利明TPP相とフロマン米通商代表部(USTR)代表に協議続行を指示した。これを受け、甘利、フロマン両氏は24日未明も都内で協議を続けた。日米が大筋合意すれば、12カ国によるTPP交渉全体に弾みがつき、大きく前進する。

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 


関連記事

オバマの握手で巡る世界の首脳写真集