NEWS

トニー賞、オードラ・マクドナルドが史上最多6度目の受賞

2014年06月09日 15時51分 JST | 更新 2014年06月09日 15時59分 JST
Reuters

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米演劇界で最高の栄誉とされるトニー賞の第68回授賞式が8日、ニューヨークで開かれ、「Lady Day at Emerson's Bar & Grill(原題)」に出演したオードラ・マクドナルド(43)が演劇部門の主演女優賞に輝き、史上最多となる6度目の受賞を果たした。

「Lady Day」で米ジャズ歌手ビリー・ホリデーを演じたマクドナルドは、女性として初めて4つの演技賞をすべて獲得した。

マクドナルドは「力強く、勇ましい女性たちすべてに感謝したい。そして、何よりビリー・ホリデーにも」と涙ながらに語った。

このほか、演劇部門の主演男優賞は「All The Way」のブライアン・クランストン、ミュージカル部門の主演男優賞は「Hedwig and the Angry Inch」のニール・パトリック・ハリスが受賞。また、作品賞は演劇部門が「All The Way」、ミュージカル部門は「A Gentleman's Guide to Love & Murder」が獲得した。

授賞式では、俳優ヒュー・ジャックマンが4度目の司会を務めた。