Huffpost Japan

世界の小児性愛者1000人を根こそぎ摘発 犯罪者をオンラインであぶり出した手法とは?

投稿日: 更新:
印刷

オーストラリア在住の男が逮捕され、有罪判決を下された。そのきっかけとなったのは、コンピューターで作成された「少女」を使って、オンラインで子供を物色する犯罪者を見つけようとするプロジェクトだ。

有罪判決を受けたのは、性犯罪者として以前から登録されていたスコット・ロバート・ハンセンで、裁判の中で3つの罪状を認めた。ハンセンは、コンピューターで作成された子供の映像を9歳のフィリピン人少女と思い込み、お金と引き換えに性行為するよう要求した疑いで逮捕されていた。

相手の「少女」は、「スウィーティー」と名付けられたCGによるデジタルモデルで、複数のサイトに仕掛けられたものだった。スウィーティーを作成・操作したのは、子供の権利擁護に取り組むオランダの団体「Terre Des Homme」だ。

ハンセンは裁判で、「スウィーティー」に対して自身の不適切な映像を送信したことや、犯罪に遭った他の子供たちの写真を自分のコンピューター上に保存していたことなどを認めた。

BBCは、ハンセンが幼い少女だと思い込んだ相手と行ったいかがわしい会話の内容を詳しく報じている

ハンセンはオンラインのチャットで、「僕はアジア人の女の子が好きなんだ。君は...やりたいのかな」と話しかけた上、「僕はいま、裸なんだ。男の裸を見たことがあるかい?」と言って、自分のWebカメラのスイッチを入れ、カメラの前で性的な行為をして見せたという。

ブリスベンの地方裁判所判事は、「(相手がたとえ本当はコンピューター画像だったとしても、)あなたが9歳の子供だと信じたのならばそれは法律違反であり、それで十分です」と述べたと報道されている。ハンセンは、12カ月の性犯罪者治療プログラムを受けるよう命じられた(BBC記事によると、2年の禁錮が命じられたが、すでに8カ月勾留されていたため、これ以上の禁錮は行われない見込みという)。

BBC記事によれば、2013年に10週間にわたって行われたこのプロジェクトでは、何万人もの男性がアクセスしてきたが、そのうち名前が特定されたのは71カ国の約1000人だという。これらの情報は国際刑事警察機構(インターポール)に渡されたが、実際に逮捕され有罪判決を受けたのは、オーストラリアのハンセンが初めてだ。

1000人のうちの110人はイギリス在住とされ、それらの名前はイギリスの国家犯罪対策庁(NCA)にすでに送られている。

BBCでは、プロジェクトを展開した団体「Terre Des Homme」が提出したこの110人に対する告発状の存在を確認しており、その多くは「容易に身元を特定できる」状態だと報じている。ただし、今回の情報が証拠として裁判所で採用されるかどうかについては疑問視されている。

なお、NCAは、「児童虐待が疑われるケースに関する情報を毎月1600件」を受け取っているが、「最優先するのは、危険が差し迫っていたり、危険の及ぶ可能性が高かったりする子供が実際に特定されている場合」だと述べている。

[Michael Rundle(English) 日本語版:佐藤卓、合原弘子/ガリレオ]

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています