ニュース

錦織圭、準決勝進出 フェレールに逆転勝ち【テニスATPツアーファイナル】

2014年11月13日 19時21分 JST | 更新 2014年11月13日 19時27分 JST
ASSOCIATED PRESS
Japan’s Kei Nishikori plays a return to Spain's David Ferrer during their ATP World Tour tennis finals match at the O2 arena in London, Thursday, Nov. 13, 2014. (AP Photo/Kirsty Wigglesworth)

男子テニスの年間成績上位8人で争う今季最終戦、ATPワールドツアー・ファイナルは11月13日、ロンドンで第5日を迎え、シングルスの1次リーグで世界ランキング5位の錦織圭は同10位のダビド・フェレール(スペイン)に4-6、6-4、6-1で逆転勝ちした。1次リーグの通算成績は2勝1敗。錦織はグループBで2位となり準決勝進出が確定した。時事ドットコムなどが報じた。

当初対戦の予定だった8位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は足の負傷のため棄権し、フェレールが繰り上がって錦織の対戦相手となった。

ランク2位のロジャー・フェデラー(スイス)と6位のアンディ・マリー(英国)が午後8時(日本時間14日午前5時)以降に対戦する。フェデラーの準決勝進出は既に決定。フェデラー-マリーの結果次第で、錦織が4強入りできるか決まる。

時事ドットコム:錦織、フェレール下す=2勝1敗、準決勝に前進-ATPファイナル 2014/11/14 01:36)

錦織は第1セット、先にサービスゲームをブレイクしながら直後にブレイクバックを許して4-6で失った。しかし第2セットは第1ゲームでいきなりブレイクし、このセットを6-4で奪い返すと、ファイナルセットも第1、第3ゲームをブレイクして押し切った

試合を終えた錦織は「試合直前に相手が代わって、作戦を変えるのは難しかった。しかし、うまくプレーできたと思う」と声をはずませた

グループBではこの日、2戦全勝だったロジャー・フェデラー(スイス)が1勝1敗だったアンディ・マリー(イギリス)と対戦。6-0、6-1で圧勝し、3連勝でグループBの1位となった。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

フェレールに逆転勝ちした錦織圭