NEWS

スパイカーが経営破綻 オランダのスーパーカーメーカー【画像集】

2014年12月04日 15時57分 JST | 更新 2014年12月05日 01時00分 JST
AFP via Getty Images
A photo taken on May 20, 2010 shows a spyker car in the factory in Zeewolde, The Netherlands. Saab and its owner Dutch carmaker Spyker have raised 150 million euros through a strategic partnership deal in China, Spyker said on May 3, 2011 amid a financial crisis for the Swedish-Dutch firm. AFP PHOTO / ANP / LEX VAN LIESHOUT -- The Netherlands out - Belgium out -- (Photo credit should read LEX VAN LIESHOUT/AFP/Getty Images)

スーパーカーの生産で知られるオランダの自動車メーカー「スパイカー」が経営破綻したことが分かった。同社が12月2日、オランダの地方裁判所に破産法の適用を申請したと、ロイターが報じた。

スパイカー社は、第二次大戦前にオランダに存在していた自動車メーカー「スパイカー」のブランドを復活させる形で、1997年にビクター・ミューラーCEOらが設立した。看板車種「C8」は、アウディ製の4.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載し、最大出力400馬力。最高速は時速300kmを誇るスーパーカーだ。

スパイカーは2006年〜07年にF1に参入したほか、2010年初頭にスウェーデンの名門自動車メーカー「サーブ」を買収したことで、世界的に有名になった。しかし、その後は経営不振に陥り、2012年12月には中国のヤングマン(浙江青年蓮花汽車集団)からの出資を受け入れていた

自動車専門サイト「Response」によると、ミューラーCEOは「この数年間、スパイカーは困難な状況に直面してきた。そして、取締役会で慎重に議論を重ねた結果、破産法の適用申請を決断した」とコメントしているという。

スパイカー画像集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています