NEWS

鳩山由紀夫氏、岡田克也氏を批判「彼は、どうしようもない」【沖縄基地問題】

2015年03月29日 14時53分 JST | 更新 2015年03月30日 23時19分 JST
時事通信社

鳩山由紀夫元首相が3月28日、TOKYO MXの『淳と隆の週刊リテラシー』に出演し、クリミア訪問や普天間基地移設問題について自らを批判している民主党の岡田克也代表を、「どうしようもない」と切り捨てた。

この番組の前日、岡田氏はインターネットの番組『ニューズ・オプエド』に出演。外務省からの中止要請を振りきってクリミアを訪問した鳩山氏について、「日本の国益から見たら、大きなマイナスだ」と批判した。

さらに岡田氏は、鳩山政権時代に自身が外務大臣として関わった普天間基地移設問題についても言及。鳩山氏が基地の県外移設を進めようとしたことについて「移設先を引き受ける県外の知事は誰一人いなかった。首相が願望を言うのは間違っていた」とコメント。「泥をかぶってでも実現できないかと思い、私も一時はその方向で進めましたが、すぐに、やっぱり無理だとわかって、元の案に戻すしかありませんと総理を説得し、総理も一時は納得した。だけどまた(鳩山氏の気が)変わった」と鳩山氏の無責任な対応を批判した。

この岡田氏の批判について、鳩山氏は反論。「役人の発想を超えられない」と述べた。産経ニュースなどが報じた。

岡田氏が27日のインターネット番組で、クリミア訪問を「国益にマイナスだ」と批判したことには、「彼は外務省の役人の発想から超えられない。どうしようもない」と反論した。
 
ネット番組で岡田氏が外相のときから「県外移設は不可能」との考えだったと語ったことに対しても怒り心頭の様子で、「だとすれば、私が外相就任を求めたときに『私はできません』と断るべきだった。首相の言葉は大変重い。それを実現するために外相として任命したのだから、とことんやってくれなきゃ困る」と不満を漏らした。
 
「クリミア行きは安倍首相のため」「普天間は国外へ」鳩山元首相、大放言 岡田氏にも矛先「どうしようもない」 - 産経ニュースより 2015/03/28 19:26)

----

2015/03/30 23:18 岡田氏が3月27日に出演したインターネット番組名を追記しました。

【関連記事】

鳩山兄弟 画像集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています