Huffpost Japan

科学者「モンサントの除草剤は飲んでも安全」じゃ、飲んでみて? と言ったら......

投稿日: 更新:
印刷

アメリカの総合化学会社のモンサントが開発した強力な除草剤「ラウンドアップ」は、家庭菜園の手入れや、大規模な大豆畑などで広く使われている一方で、発がん性があると疑われている

世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)が2015年3月下旬に発表した報告書では、ラウンドアップの主要成分であるグリホサートは5段階ある発がん性分類リストのうち上から2番目にリスクが高い「発がん性が疑われる」(2A)カテゴリーに分類された

この「2A」というカテゴリーは、おそらく発がん性があるというレベルだが、このカテゴリーの信ぴょう性に関しては異論を唱える科学者もおり、意見が分かれている。ちなみにこの発がん性リストには、他のさまざまな化学物質のほか紫外線や木工粉塵、アルコール飲料などが含まれている。

このIARCの評価を否定しているモンサントは、ラベルの指示どおりに使用すればグリホサートは安全であることを示す科学的証拠が増えているとして、WHOに報告書の撤回を求めている。

そしてこのモンサントの見解を支援する科学者のひとり、パトリック・ムーア博士は「ラウンドアップを1リットル飲んでも害はない」と主張している。

パトリック・ムーア博士はモンサントとは直接関係のない科学者だが、フランスのケーブルテレビ局「Canal+」(キャナル・プリュス)のドキュメンタリー番組のインタビューで、グリホサートを飲んでも人体にまったく害はないと断言し、実際にラウンドアップを飲んで自殺しようとした人もいるが、無害なのでいつも決まって失敗すると主張した。

そこでCanal+のインタビュアーはムーア博士に対し、グリホサートの入ったグラスを裏に用意してあるので、カメラの前で飲んでみてくださいと持ちかけた。しかし、ムーア博士はそれを拒み、このインタビューはゴールデンライスに関するものだったはずだ、と怒って退席した(博士は栄養を強化した遺伝子組み換え米「ゴールデンライス」の推進者)。

以下はそのインタビューの一部を抜粋したものだ(動画は冒頭に掲載)。

ムーア博士:(グリホサートを)1リットル飲んでも害はありませんよ。

Canal+:もし飲んでもいいというのであれば、ここに用意してありますよ。

ムーア博士:もちろん喜んで飲みます。いや、実際には飲みませんよ。でも無害であることはわかっています。

Canal+:そうおっしゃるなら、用意してありますから。

ムーア博士:いやいや騙されませんよ。それを飲んで自殺しようとする人もいますが、いつも失敗します。

Canal+:本当のことを言ってくださいよ。

ムーア博士:人体に害はありません。絶対にありません。

Canal+:それなら、あなたがグリホサートを飲んでもかまいませんよね?

ムーア博士:いや、私は馬鹿じゃない。

一部ではムーア博士がモンサントのロビイストだと報道されたが、モンサントはハフポストUS版の取材に対してメールでそれを否定し、ムーア博士は同社から報酬をもらうロビイストだったことも、同社の従業員だったこともないと述べた。

「十分な知識を持った科学者や消費者、農業に携わるお客さまであれば、グリホサートの安全性をよくご存知で、製品を信頼していただいています。しかしそれを公の場で発言しているからといって、彼らが当社のロビイストだということにはなりません。パトリック・ムーア博士は、そうした方々のひとりです。ムーア博士は、グリホサートが安全だと言う科学的な見解に同意しており、技術と革新を支持する科学者です。しかし、博士がこれまでにモンサントから報酬を受けるロビイストだったことは一度もありません」

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:梅田智世、合原弘子/ガリレオ]

Close
遺伝子組み換え食品反対運動
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

モンサント、除草剤発がんリスク警告が追い打ち

アピタルトップ > ニュース > 発がん性物質を無許可使用容疑 検査機関を書類送検 大阪労働局

農and食:ミツバチ、農薬規制で救える? 「開発による花の減少こそ本質」 中村・玉川大教授が講演

NZ農業団体に毒入り粉ミルクで脅迫、農薬使用への抗議=警察