ニュース

ダーイシュ(イスラム国)、ハトラ遺跡の「破壊」映像をYouTubeに公開【画像】

2015年04月05日 21時58分 JST | 更新 2015年04月05日 21時59分 JST

過激派組織ダーイシュ(イスラム国)は、イラク北部モスル郊外にある国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産「ハトラ遺跡」を破壊する映像をYouTube上で公開した

映像では、ダーイシュのメンバーとみられる男たちが遺跡の石像などをハンマーやつるはしで壊したり、銃で撃ったりして粉々にする様子が映されている。さらに、男が「アラーの代わりに崇拝されている偶像を破壊している。今後も偶像の破壊を続ける」として、さらなる遺跡の破壊を予告した。動画は現在、削除されている。

ハトラ遺跡は、ダーイシュが支配する北部の都市モスルから南西約100キロにある、約2000年前に栄えた古代都市。中心部には神殿が残り、1985年にユネスコの世界遺産に登録された。

ダーイシュはこれまでに、モスル郊外にある約3000年前の古代アッシリア王国の「ニムルド遺跡」を重機で破壊。モスルの博物館に収蔵された石像もハンマーで粉砕するなど、貴重な歴史的文化財が次々に破壊している

イラクのシェルシャブ観光・遺跡相は3月8日、「空域はイラクの人々の手中にない。支援を要請する」と述べ、アメリカ主導の空爆作戦で破壊を防ぐよう呼び掛けた

ハトラ遺跡 画像集

【関連記事】

    ----
    ハフポスト日本版編集部では、「イスラム国」、ISIS、ISIL、ダーイシュなどと呼ばれている過激派組織について、
  1. 編集部が作成する記事には、当面「ダーイシュ」の表記を用います。
  2. ただし現在、「イスラム国」という用語の認知度が高いことから、当面「イスラム国」を併記します。
  3. 他社から配信された記事とブログ記事については、原文のままの表記とします。
  4. ソーシャルメディアへの投稿についても1〜3に準じます。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています