NEWS
2015年04月05日 18時23分 JST | 更新 2015年04月11日 18時43分 JST

カズ48歳、Jリーグ最年長ゴール決める「思っきり競ろうとボールに突っ込んだ」

Masashi Hara via Getty Images
YOKOHAMA, JAPAN - MARCH 15: (EDITORIAL USE ONLY) Kazuyoshi Miura #11 of Yokohama FC looks on prior to the J. League 2nd division match between Yokohama FC and Tochigi SC at Nippatsu Mitsuzawa Stadium on March 15, 2015 in Yokohama, Japan. (Photo by Masashi Hara/Getty Images)

J2横浜FCの三浦知良(48)が4月5日、磐田戦で先発し、今季初ゴールを決めて自身の持つJリーグ最年長得点記録を48歳1カ月10日に伸ばした。カズのゴールは、2013年11月以来となる約1年5カ月ぶり。スポニチなどが報じた。

かつて日本代表のチームメートだった名波浩監督(42)率いる首位・磐田戦で元気に先発復帰すると、待ちに待った瞬間は0―0で迎えた前半14分にやって来た。MF小池純輝(27)が右サイドをドリブル突破してから上げたクロスにファーサイドで頭を合わせ、歓喜の2年ぶりゴール。久々の感触に、得意のカズダンスを踊って喜びを爆発させると、後輩たちが次々と抱きついた。
 
カズ2年ぶり弾に歓喜のダンス!J最年長ゴール48歳1カ月10日に更新 ― スポニチ Sponichi Annex サッカーより 2015/04/05 14:22)

サッカーライターのシーン・キャロル氏によると、カズは「いいボールが来たなと思い、とにかく思っきり競ろうと思ってボールに突っ込みました。ゴールに入り良かったです」と、クラブ広報を通じてコメントしたという。

三浦知良(キング・カズ)画像集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています