NEWS

安倍首相「先の大戦、痛切に反省」 アメリカ議会で演説

2015年04月29日 19時49分 JST | 更新 2015年04月30日 17時48分 JST
BRENDAN SMIALOWSKI via Getty Images
Japanese Prime Minister Shinzo Abe addresses a joint session of Congress at the US Capitol in Washington, DC, on April 29, 2015. AFP PHOTO/BRENDAN SMIALOWSKI (Photo credit should read BRENDAN SMIALOWSKI/AFP/Getty Images)

アメリカを公式訪問中の安倍晋三首相は4月29日、アメリカ議会上下両院合同会議で演説を行い、第二次大戦に対する「痛切な反省」を表明した。朝日新聞デジタルなどが報じた。

アメリカ議会で日本の首相が演説するのは、吉田茂、岸信介、池田勇人に続いて4人目。上下両院合同会議で演説するのは今回が初めて。戦後50年に村山富市首相(当時)が談話に盛り込んだ「痛切な反省」という表現を使って、歴代内閣の歴史認識を引き継ぐ考えを強調した。その一方、村山談話の「侵略」や「お詫び」という表現は使わなかった。

毎日新聞によると、安倍首相は「戦後の日本は先の大戦に対する痛切な反省を胸に歩みを刻んだ。自らの行いが、アジア諸国民に苦しみを与えた事実から目をそむけてはならない。これらの思いは歴代首相とまったく変わらない」と話したという。演説全文は、NHKニュースが掲載している。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

真珠湾攻撃の画像集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています