NEWS

なでしこジャパン、決勝トーナメント進出へ カメルーンに勝利

2015年06月14日 01時22分 JST | 更新 2015年06月14日 01時26分 JST
ANDY CLARK via Getty Images
Japan defender Saki Kumagai (L) and Cameroon forward Gaelle Enganamouit fight for the ball during a Group C football match between Japan and Cameroon at BC Place Stadium in Vancouver British Columbia during the FIFA Women's World Cup Canada 2015 on June 12, 2015. AFP PHOTO/ANDY CLARK (Photo credit should read ANDY CLARK/AFP/Getty Images)

サッカー女子ワールドカップ・カナダ大会の1次リーグで「なでしこジャパン」はカメルーンを2-1で下し、2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。日本時間6月13日正午すぎに、NHKニュースなどが報じた。

日本は前半6分に鮫島彩のゴールで先制し、さらに17分に菅澤優衣香が2点目を挙げた。試合終了の直前に、1点をカメルーンに返されたが、逃げきった。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

女子ワールドカップ 日本vs.スイス