Huffpost Japan

全米黒人地位向上協会の女性支部長、実は白人だった 2006年頃から黒人を騙る

投稿日: 更新:
印刷

全米黒人地位向上協会(NAACP)ワシントン州スポケーン市の女性支部長レイチェル・ドレザル氏(37)が、白人にもかかわらず長年黒人女性と偽っていたと、彼女の家族がメディアに暴露し、騒然となっている。

naacp
レイチェル・ドレザル氏

レイチェル氏は、イースタン・ワシントン大学アフリカ研究プログラムの非常勤講師として勤務している。また彼女は、「アメリカ内陸北西部の最も著名な人権活動家の一人」と言われている。地元紙「スポークスマン・レビュー」によると、彼女はスポケーン市警察のオンブズマン委員会の委員長で、彼女の履歴書には、白人、黒人、インド系として記載されていた。また、彼女は、アメリカに住む黒人であることについて、地元紙「インランダー」のサイト上でブログを数多く投稿している。

しかし、彼女の家族は、彼女は実はヨーロッパ系の白人女性だと明かした。彼女の子供の頃の写真には、明らかにブロンド、白人の子供が写っている。

母親のルザーン ・ドレザル氏は、「レイチェルが、ありのままの自分でいないことが非常に悲しい」と「スポークスマン・レビュー」紙に語った。また、レイチェル氏が、2006年または2007年に、家族が4人の黒人の子供を養子に迎えた頃から、黒人女性に変装し始めたことを明らかにした。

「もし、彼女がみんなに正直であったならば、アフリカ系アメリカ人コミュニティのために彼女が活動してきたことはもっと効果的だったはずです」

rachel dolezal
子供の頃のレイチェル氏

レイチェル氏の父親ローレンス・ドレザル氏によると、彼女はベルヘイブン大学の在学中に、「人種間の和解コミュニティ」の一員であったいう。ワシントン・ポスト紙によると、彼女はその後、美術を勉強するために、主に黒人が通うハワード大学を受験した。その際に、「黒人の肖像画ばかり」提出していた。ハワード大学は「黒人女性と思い込んで」入学を認め、彼女は全額支給奨学金を受給していた。またハワード大学では、彼女は「黒人文化に深く同化していたため、そこで、彼女はアイデンティティを転換してしまった」という。

地元テレビ局KXLYのジェフ・ハンフリー記者は、出自に関する問題についてレイチェル・ドレザル氏に直撃した。ハンフリー記者は、彼女が年上の黒人男性の隣に立っている写真を見せた。レイチェル氏は、2015年に行われたNAACPのテープカットセレモニー前のプロモーション時に写真に写っている男は、彼女の父親だと主張していた。

「あなたは、アフリカ系ですか?」とハンフリー記者は尋ねた。

「質問の意味が理解できません」と彼女は答えた。

「私は言いましたよね。はい、それは私の父です、と。そして、彼は1月にその場に来ることができませんでした、と言ったでしょう?」

ハンフリー記者が彼女に、両親は白人なのかと尋ねたとき、彼女はマイクを外して立ち去った。

父親のローレンス氏はBuzzFeedに、自分たち両親と娘は疎遠になっていると語った。その理由は、「私たちは白人だから、スポケーン市で彼女が参加する集会の人たちに見られたくないから」だという。

レイチェル・ドレザル氏は、彼女の両親の主張に対して「スポークスマン・レビュー」紙で、こう反論した。「我々は皆アフリカ大陸に祖先がいます」。

また、彼女はこの問題が注目されたのは法的な紛争が生じたからだと語った。ワシントン・ポスト紙によると、彼女は実家の家庭内虐待を主張し、黒人である1歳の義弟のアザイア氏の監護権を得たという。現在、アザイアさんは彼女とスポーケン市に住んでいるが、レイチェル氏は、アザイア氏を息子だと主張している。

彼女は過去10年間に、9件のヘイトクライム(憎悪犯罪)の被害を受けたと警察に届け出ている

KXLYによると、NAACPスポケーン支部長である彼女は、2月に「戦争の豚」といったヘイトクライム的な脅迫の手紙や、リンチの場面を写した写真がNAACPの私書箱に投じられていたと主張した。しかし、地元警察によると、封筒は郵便局で処理されていなかったため、私書箱の鍵を持つ人間が投函したと断定した。

また、彼女は、自分の家の周りに首吊り用の縄が置かれているのを発見したと主張した。

NAACPは6月12日、この問題について声明を発表した。

106年もの間、全米黒人地位向上協会は、すべての宗教、人種、色や信条の人々から支援を受けてきてきた。本協会はその長い誇り高き伝統を守ってきた。

NAACPワシントン州スポケーン市支部長レイチェル・ドレザルは彼女の家族との間に法的な問題を抱えており、我々はこの問題で彼女のプライバシーを尊重する。

ある人間の人種的アイデンティティは、NAACPのリーダーシップを取る上で適格基準または不適格標準になることはない。NAACPアラスカ、オレゴン、ワシントン州会議は、レイチェル・ドレザルがこれまで行ってきた擁護活動を支持する。NAACPは、この国の隅々にわたる、すべての人々のために、政治、教育、および経済的な正義の維持に努める。また、私たちはすべてのアメリカ人に会員になって、私たちの組織のリーダーとして活動するように奨励する。

協会はまた、通報された脅迫は「信頼できる」とした。

ハフポストUS版はレイチェル氏とイースタン・ワシントン大学にコメントを求めたが、回答は得られなかった。

AP通信によると、レイチェル氏は15日に声明を発表するという。

Close
NAACP
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

逃げる背中に8回発砲 黒人男性殺害容疑で白人警官逮捕:朝日新聞 ...

黒人射殺の白人警官を起訴 米南部、背中に8発

黒人2人を射殺の白人警官に無罪判決、米オハイオ州

黒人2人射殺の白人警官無罪に、抗議デモで71人逮捕 米

米公民権運動家の両親「あの子は白人」

ジンバブエ、ムガベ大統領が“モンスター”になった理由とは?