NEWS

「フレッチャロッサ1000」最高時速400kmの超特急、イタリアで運行開始(画像・動画)

2015年06月17日 17時13分 JST | 更新 2015年06月17日 17時29分 JST

世界最速を目指す超特急「フレッチャロッサ1000」が、6月14日からイタリアで運行開始した。イタリアのニュースサイト「ベスヴィオ・ライブ」などが報じた。

「フレッチャロッサ1000」は最高時速400km。当面の営業速度は、従来通り時速300kmだが、2015年末までには時速360kmにスピードアップする予定だ。これは、リニアモーターカー以外の鉄道としては、フランスのTGV(時速320km)を抜いて世界最速だ。ローマ〜ミラノ間が現在の2時間55分から、35分早い2時間20分で結ばれることになる。

フレッチャロッサは、「赤い矢」という意味で、その名の通り真っ赤なカラーリングが特徴。新型車両ETR1000は、日本の新幹線と同じく各車両が動力を分散するのが特徴。著名なイタリア企業・ベルトーネが、デザインを手がけた。同社のリッリ・ベルトーネ会長は「フレッチャロッサ1000は、困難に直面しても挫けず、チャレンジを続けて成功を手にする国・イタリアを象徴した作品」とコメントしている

  • TOBIAS SCHWARZ via Getty Images
    ベルリンで開催された交通機関の国際見本市に出展された「フレッチャロッサ1000」(2014年9月23日撮影)
  • EPA=時事
  • EPA=時事
  • EPA=時事

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

21世紀のスーパーカー