NEWS

ロボット「ペッパー」の時給は1500円 その時、人間たちは

2015年06月18日 15時21分 JST | 更新 2015年06月18日 15時27分 JST
ASSOCIATED PRESS
FILE - In this June 6, 2014 file photo, humanoid robot Pepper is on display at SoftBank mobile shop in Tokyo. Japanese mobile carrier Softbank said Tuesday, Feb. 10, 2015 it will incorporate artificial intelligence technology from IBM into its empathetic robot Pepper that goes on sale in Japan this month. (AP Photo/Koji Sasahara, File)

ロボット「ペッパー」は時給1500円――。6月17日にソフトバンクから発表された人型ロボット「ペッパー」の時給が波紋を呼んでいる。

ペッパーは、各種センサーを搭載して周囲の状況を把握。自分で判断して行動できるロボット。目の前の人間の表情や声から、感情を認識できるとしている。本体価格は19万8000円だが、ソフトバンクはこのペッパーを、ティッシュ配りや受付業務に従事するアルバイトとして貸し出す。レンタル料、ならぬ「時給」は1500円。

ちなみに、東京都の最低賃金は現在888円。全国で最低なのは鳥取、高知、長崎、熊本、大分、宮﨑、沖縄の677円だ。ペッパーの「時給」1500円へのTwitterユーザーの反応を集めた。

ペッパー(Pepper)画像集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています