Huffpost Japan

スーチー氏野党、次期政権樹立の見通し 大半の地域制す【ミャンマー総選挙】

投稿日: 更新:
DEFAULT
11月10日、ミャンマーで8日に実施された総選挙の最新結果によると、アウン・サン・スー・チー党首(写真)率いる最大野党、国民民主連盟(NLD)が大半の地域を制し、次期政権を樹立する見通しだ。9日撮影(2015年 ロイター/Jorge Silva) | Reuters
印刷

ミャンマーで8日に実施された2011年の民政移管後初の総選挙は10日時点の最新結果によると、アウン・サン・スー・チー党首率いる最大野党、国民民主連盟(NLD)が大半の地域を制し、次期政権を樹立する見通しだ。

軍系の与党、連邦団結発展党(USDP)も9日に敗北を認めている。

選挙委員会によると、NLDは定数440議席の下院で、これまでに結果が公表されている88議席のうち78議席を獲得。上院(定数224議席)の結果は公表されていない。

また公式結果では、NLDが地方議会選で地滑り的勝利を収めたことも示された。これまでに結果が判明している107議席中NLDの獲得数は97議席。

NLDは独自集計の結果、下院で7割以上の議席を獲得する勢いだとしている。

NLDの広報担当者によると、同党は軍人枠の110議席を除いた330議席中250議席以上を獲得する見通し。

ロイターは同党の独自集計結果を確認できていない。

軍は選挙結果を受け入れる方針を示しているが、NLDの勝利で不透明な政局が続くとみられる。[ヤンゴン/マンダレー(ミャンマー) 10日 ロイター]

【関連記事】

Also on HuffPost:

Close
ミャンマー総選挙
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

ミャンマー連邦共和国 | 外務省 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

ミャンマー総選挙 野党「過半数迫る議席獲得」 NHKニュース

ミャンマー | アジア - 国・地域別に見る - ジェトロ - 日本貿易振興機構

在ミャンマー日本国大使館 - Embassy of Japan in Myanmar

ミャンマー | 各国における取り組み - JICA

ミャンマー総選挙 スー・チー氏の野党が優勢