Huffpost Japan

川崎敬三さん死去、「アフタヌーンショー」司会 「ザ・ぼんち」が哀悼の意

投稿日: 更新:
DEFAULT
川崎敬三 カワサキケイゾウ  本名=陶山恵司 スヤマヤスジ  俳優  (2015年11月21日死去、82歳) | 時事通信社
印刷

映画での軽妙な演技で人気を呼び、テレビの「アフタヌーンショー」の司会で親しまれた俳優の川崎敬三(かわさき・けいぞう、本名=陶山恵司)さんが7月21日に川崎市内の病院で死去していたことが、11月24日分かった。82歳だった。川崎市出身。朝日新聞デジタルなどが報じた。

1954年、大映のニューフェースに合格。「こんな奥様見たことない」で映画デビュー。甘いマスクを生かして、若尾文子さん主演の「新婚」シリーズや山本富士子さん主演の「夜の河」などに出演、金持ちのぼんぼんや陰影のある青年など幅のある脇役として活躍。「サザエさん」「雑居時代」などテレビドラマにも出演し、テレビ朝日系の昼のワイドショー「アフタヌーンショー」の司会で人気を博した。同番組のリポーター山本耕一さんの口癖だった「そうなんですよ、川崎さん」は漫才コンビ「ザ・ぼんち」のネタにもなった。
 
俳優の川崎敬三さん死去 「アフタヌーンショー」で司会:朝日新聞デジタルより 2015/11/24 21:15)

「アフタヌーンショー」は、テレビ朝日のディレクターが未成年に暴行を指示した「やらせリンチ事件」で1985年に打ち切られ、87年からの新番組「新アフタヌーンショー」でも司会を務めた。90年代以降は芸能活動から遠ざかっていた

川崎さんの訃報を受け、「ザ・ぼんち」の里見まさとさんと、ぼんちおさむさんが24日、所属事務所を通してコメントを発表、追悼の意を表した。

ぼんちおさむさんは「川崎さんにお会いしたときも、ひょっとしてお二人のやり取りをネタに使ってたので怒られるのではと思ってましたが、とても優しく笑いながら『いいね。面白いよ』と言っていただきました。ザ・ぼんちの漫才にはなくてはならない方でした」とコメントした。

相方の里見まさとさんも「この世界で生活をさせていただけているのは、山本さんと川崎さん無くしては、あり得ないです。心よりお悔やみ申し上げます」と文章を寄せた。
 
ザ・ぼんち「漫才になくてはならない方」 川崎敬三さんの死去受けコメント - 産経ニュースより 2015/11/24 20:56)
Close
2015年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

吉本興業株式会社 芸人プロフィール | ザ・ぼんち

ワイドショー司会で人気 川崎敬三さん死去、82歳 - おくやみ : 日刊スポーツ

川崎敬三さん 7月に亡くなっていた「アフタヌーンショー」司会で人気 ...

俳優の川崎敬三さんが死去 「アフタヌーンショー」司会 - 産経ニュース