Huffpost Japan

「低所得者は食事を見直して」 厚労省のコメントが、"現代のマリー・アントワネット"との声も

投稿日: 更新:
MARIE01
1783年にルブランが描いたマリー・アントワネットの肖像画 | Wikimedia
印刷

所得別の栄養調査をした厚生労働省のコメントが、18世紀のフランス王妃マリー・アントワネットの言葉とされる「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」に通じるインパクトがあると、ネット上で話題になっている。

■低所得者ほど栄養バランスが穀物に偏る傾向

厚労省は12月9日、2014年の国民健康・栄養調査を発表した。所得別に栄養状態を分析したところ、所得が低い家庭は、高い家庭に比べて食事が米やパンなどの穀物に偏っていて、栄養バランスが欠けている傾向が出ていた。

時事ドットコムによると、今回の調査は2014年11月に実施した。全国約3600世帯の回答を元に集計したもので。食べている品目を詳しく尋ねて、所得と食生活の関係を調べたのは初めてだという。

米やパン、麺など穀類の1日当たり平均摂取量は、世帯所得が600万円以上の男性は494グラムだったのに対し、200万~600万円未満は520グラム、200万円未満は535グラムだった。女性もそれぞれ352グラム、359グラム、372グラムで低所得ほど多かった。

一方で、野菜の摂取量は所得600万円以上は男性322グラム、女性313グラムだったが、200万円未満では男性253グラム、女性271グラムだった。肉の摂取量も低所得ほど少なかった。

■厚労省のコメントとは?

NHKニュースでは、今回の統計について厚生労働省のコメントを以下のように報じている。

厚生労働省は「所得が低い人は栄養バランスのよい食事をとる余裕がなくなっているのではないか。食事の内容を見直すなど健康への関心を高めてほしい」と話しています。

所得低いほど栄養バランスよい食事取れず NHKニュース 2015/12/13 04:39)

このコメントが、ネット上で非常に話題になっている。マリー・アントワネットの言葉として伝わる「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」というフレーズを例に出して、「200年ぶり更新するすごい名言」などと評する声が挙がっている。

【※】「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」という言葉は、実際にはマリー・アントワネットが発言したことを示す記録はなく、後世の捏造という可能性が高くなっています。

【関連記事】

▼写真をクリックすると展開します▼

Close
マリー・アントワネット画像集
/
シェア
ツイート
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

厚生労働省

厚労省の「所得が低い人は栄養バランスのよい食事をとる余裕がない」「健康への関心を高めて」発言が「貧困層あおってるのか」と話題に

「介護離職ゼロ」へ、整備計画の算定見直し 厚労省

新手の不審電話 厚労省を名乗り 個人情報を要求