ライフスタイル

宮本エリアナさん、トップ10に。惜しくも入賞逃す【ミス・ユニバース2015】

2015年12月21日 01時14分 JST | 更新 2015年12月21日 01時25分 JST
Getty Images

ミス・ユニバースの世界大会が12月20日、アメリカ・ラスベガスで開催され、日本代表の長崎県出身で日本人の母とアフリカ系アメリカ人の父を持つ宮本エリアナさん(21)が出場した。宮本さんは上位10人に残るなど健闘したが、上位5人には入らず入賞を逃した。毎日新聞などが報じた。

YOUR 2015 Miss Universe Top 10.

Posted by Miss Universe on 2015年12月20日

宮本さんは、水着審査などを経て上位10人に残り、ゴールドのイブニングドレス姿でステージを歩いた。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

ミス・ユニバース2015 宮本エリアナさん 画像集

ハーフとして初めて日本代表に選ばれた宮本さんは、ハフポスト日本版の取材に対し、宮本さんは肌の色が違うと学校でいじめられた体験を踏まえ、「ハーフへの偏見や差別をなくすためにも出場することを決意しました」などと抱負を語っていた

大会には世界約80カ国からの出場者が参加した。優勝はフィリピン代表。司会者が優勝者を間違えて発表し、コロンビア代表にクラウンが授与されるハプニングもあった。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

ミス・ユニバース 2015大会

【関連記事】


ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています