NEWS

航空会社の安全ランキング、トップはカンタス 日本勢は?

2016年01月06日 19時44分 JST

オーストラリアの航空評価会社「エアライン・レイティングス」は1月5日、世界で安全な航空会社20社を発表、オーストラリアのカンタス航空が3年連続でトップだった。日本からも、日本航空と全日空が入った。

同社は2013年から毎年、航空当局による監査や事故の記録、運航状況などをもとに航空会社の安全度を評価。今年は407社が対象。最高ランクの7つ星を獲得したのは148社。一方、3つ星以下は約50社だった。

カンタス航空は、創業以来1度も死亡事故を起こしていない実績が評価されている。

20位以内にランクインした航空会社は以下の通り(アルファベット順。順位は公表されていない)。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

航空会社の安全番付


2015年は多数の犠牲者を出す旅客機の墜落事故が続出したが、エアライン・レイティングスによると、航空機事故の件数は年間計16件、死者は560人で、過去10年の平均を下回った。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

北米のベスト航空会社