Huffpost Japan

犬と同じくらい大きいウサギ、新しい家族を募集中

投稿日: 更新:
印刷

アトラスは、普通のウサギではない。

生後7か月なのに、すでに犬と同じくらいの大きさがある。しかもまだまだ大きくなる。

アトラスはスコットランド生まれのコンチネンタル・ジャイアント・ラビットだ。前の飼い主が飼えなくなったため、新しい家族を募集している

*PLEASE NOTE: While it's fantastic that so many people want to offer Atlas a loving home, we will find him one here in...

Posted by Scottish SPCA on 2016年2月8日



現在アトラスは、スコットランド動物虐待防止協会のグラスゴーセンターで保護されている。センター長のアンナ・オド-ネル氏によれば、アトラスは人懐っこくて好奇心旺盛、抱かれるのが大好きな甘えん坊だ。それにいたずら好きで、皆を笑わせるのが得意だという。

体が大きいので、標準サイズのウサギ小屋ではおさまらない。コンチネンタル・ジャイアント・ラビットは、成長すると体重が約6キロにもなる。新しい家庭に求められるのは、広いスペースだ。「きちんと世話ができる、知識を持った飼い主を求めています。理想は以前にコンチネンタル・ジャイアント・ラビットを飼ったことがある人です」とオードネル氏は説明している。

これだけ大きいが、まだギネス記録には及ばない。現在世界一大きなウサギに認定されているダリウスは、重さ49ポンド(約22キロ)、長さは手足を伸ばすと4フィート4インチ(約1メートル34センチ)にもなる。

ニンジンを食べてもっと大きくなるんだ、アトラス!

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

Close
世界のいろんなウサギちゃん
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

まるで脳、草原のウサギ…植物園の例えツイート、人気に

恐竜と似た声の動物が人類と共存、5万年前に絶滅