Huffpost Japan

武井壮さん「遅いタイムでの駆け引きに拘るうちは、成長ない」 男子マラソンに苦言

投稿日: 更新:
SO TAKEI
武井壮さん(東京おもちゃショーにて。東京都江東区の東京ビッグサイト)=2013年6月13日 | 時事通信社
印刷

タレントの武井壮さん(42)が、2月28日の東京マラソンで日本男子選手が低調な記録に終わったことについて、自身のTwitterで「遅いタイムでの駆け引きの強さに拘るうちは成長はない」と日本マラソン界に苦言を呈した。武井さんは陸上十種競技の元日本チャンピオンでもある。

東京マラソンで、日本勢は一般参加の高宮祐樹が2時間10分57秒で8位となったのが最高。同レースで「日本人選手3位以内」という、リオデジャネイロ・オリンピック代表選考の対象には入ったものの、オリンピック派遣設定記録には遠く及ばなかった。男子は大会を通じて記録が伸びなかった。

リオ・オリンピックについて、日本陸連は2時間6分30秒の高い派遣設定記録を掲げ、海外勢と積極的に競り合う選手を求めている。代表選考のトップの評価は2015年12月の福岡国際で3位に入った佐々木悟の2時間8分56秒。酒井勝充・強化副委員長は東京マラソンを受けて28日、男子代表の最大3枠について「保証するものではない」と明言。最終選考会となる3月6日のびわ湖毎日の結果次第では代表数の上限まで使わない可能性を示唆した。

マラソンの日本記録は、男子が高岡寿成が2002年に出した2時間6分16秒、女子は野口みずきが2005年マークした2時間19分12秒。男女ともに10年以上記録が更新されていない。

マラソンは、女子の代表選考についてもめている。1月の大阪国際女子マラソンで優勝した福士加代子が、リオ・オリンピックの最終選考会を兼ねる名古屋ウィメンズマラソン(3月13日)に一般参加で強行エントリー。名古屋での他選手の結果次第でオリンピック代表に選ばれない可能性があるためだ。日本陸連は福士に対して「内定は出せないが、出場を控えてほしい」という意向を示していた。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

Close
東京マラソン2016 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

武井壮 (@sosotakei) | Twitter

武井壮オフィシャルブログ「全開武井の動物百番勝負! 目指せ百獣の王 ...

武井壮(たけいそう) オフィシャルサイト 目指せ!百獣の王!【So Takei ...

武井壮、マラソン日本男子の低調ぶりに「遅いタイムでの駆け引き…成長ない」