Huffpost Japan

【京王線で座って帰れる】無線LANもコンセントもついた新型車両「5000系」とは?

投稿日: 更新:
印刷

京王線を運営する京王電鉄(東京都多摩市)は3月16日、2018年春に新型車両を導入して、初の座席指定列車の運転を始めると発表した。夜間の通勤ラッシュの時間帯に、悠々と座って帰れるほか、コンセントと無料の無線LANを完備しており、ノートPCなどを使える仕様となっている。

5000kei

夜間の時間帯に、新宿駅を出発、京王八王子行きと、橋本行きで運行する計画だ。指定席券の販売方法や料金、列車名などは今後検討する。

新型車両「5000系」(写真)は、朝や昼間の時間帯には6人がけのロングシートとして運用するが、夜間の座席指定列車として走らせるときには2人がけのクロスシートになる。内装は沿線にある「高尾山」の木々の深いブラウンと、「繊維の街・八王子」の絹糸をモチーフとしているという。約100億円を投じて、1編成10両で5編成分を新造する。

首都圏の鉄道各社では、通勤列車に指定席を導入する動きが広まっている。産経ニュースによると、私鉄では東武鉄道や西武鉄道、京成電鉄、小田急電鉄、京浜急行電鉄で夕方の時間帯に座席指定の特急列車を運転中。JR東日本でも2020年度に、京王線と並行する中央線快速列車にグリーン車を連結する計画がある。

5000kei2

【関連記事】

▼クリックすると画像集が開きます▼

Close
さよなら交通科学博物館
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

京王電鉄 2018年春 新宿~八王子・橋本で座席指定列車運行

ピューロランド最寄り駅を“サンリオの世界”に 京王

京王線の車両がトートバッグに 昨秋導入の事業用車両「デヤ901・902形」デザインも