NEWS

ショーンK氏の降板、古舘伊知郎氏と小倉智昭氏が番組で謝罪【経歴詐称】

2016年03月16日 23時00分 JST | 更新 2016年03月17日 14時55分 JST
時事通信社

経歴詐称が問題になっているショーン・マクアードル川上氏(47)がコメンテーターを務めていたテレビ朝日系「報道ステーション」の3月16日放送で、キャスターの古舘伊知郎氏(61)が視聴者に謝罪した。日刊スポーツなどが報じた。また、フジテレビ系「とくダネ!」でも17日、キャスターの小倉智昭氏(68)が17日が「本当に残念でなりません」と述べ、川上氏のコメンテーター降板を明らかにした。

古舘氏は「冷静にとらえるなら、様々なところを確認できていないでここまできたのは、テレビをご覧の方々に申し訳ない思いです。深くおわびをさせていただきます」と経歴の確認をせずに起用を続けてきたことを謝罪。

また、古舘氏は「うそがあったとするならいけないこと」としながら「残念。詳しいデータをもとに、斬新な切り口でコメントを歯切れよくくださっていたので悔しい」と話した。
 
報ステ古館氏がショーンK氏の経歴詐称問題を謝罪 - 芸能 : 日刊スポーツより 2016/03/16 22:30)

「とくダネ!」の小倉氏は、「ショーンさんは5年以上にわたってコメンテーターとして出演してもらいました。わたくし個人としては大変、英語も堪能な方ですし、日々の国際情勢に関しても一早く番組に意見を反映させてくれて、さまざまな分野において的確なことを伝えてくれた。未だに信じられない思いでいっぱい。本当に残念でなりません」と語った。

ショーンKこと川上氏は、16日発売の「週刊文春」の報道を受けて公式サイトで学歴詐称を認めた上で謝罪。テレビ、ラジオなど計6番組の出演を辞退し、今後の活動を自粛する意向を示している。

sena k

謝罪を記すショーンK氏のサイト

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

2016年、話題の人々(社会・芸能・スポーツ編)