ショーンKに松本人志「高卒で堂々と報道番組...すごいタマやな」

投稿日: 更新:
HITOSHI MATSUMOTO
TORONTO, ON - SEPTEMBER 12: Director Hitoshi Matsumoto attends the premiere of 'R100' at Ryerson Theatre on September 12, 2013 in Toronto, Canada. (Photo by Jemal Countess/Getty Images) | Jemal Countess via Getty Images
印刷

経歴詐称疑惑で活動を自粛した経営コンサルタントの「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏(47)について、ダウンタウンの松本人志さんが3月20日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、「高卒で堂々と報道番組をやれるって、すごいタマやなって思いますよね」と感心した様子で語った。

松本さんは、ショーンK氏が「ショーン・マクアードル川上」という「ビジネスネーム」でメディアに露出していたことについて、「名前もね、チャーリー浜とはわけが違うじゃない。ちょっと種類が違うじゃない」と吉本新喜劇の大先輩を引き合いにして語った。さらに、「僕は正直、学歴のコンプレックスはほとんどない人なんで。まあ、ある人はこうなってしまうのかって、いま、すごく恥ずかしい思いをしておられるんやろうな」と述べた。

一方、この日ゲスト出演したお笑い芸人、厚切りジェイソンさんは、「ウソをつくのもちろんはいけないんですけど、実力があれば、そういうコメントができるのであれば、別にそれは認められてもおかしくないと思うんですけど。日本だと学歴がないと報道番組に出られないとかありますよね」「それがなければ出させてくれない、実力があるのに活躍できないのは、またおかしな問題。ウソはついてはいけないですけど、実力で人を判断する仕組みになってほしいですね」と語った。アメリカ生まれの立場から、実力よりも学歴が優先されてしまう日本の仕組みに疑問を呈した。

また、同じく出演した元NHKアナウンサー堀潤さんは、ショーンK氏について「今回も『週刊文春』の取材が始まってしばらくして、仲間うちに、『ちょっと記事が出ちゃうかもしれない、みんなを驚かせるかもしれない、ごめんねっ』」と伝えていたことに言及。さらに、「こんなに人生が180度変わるわけですから。『しばらく休んで、また新しいことを始めたい』というふうに言っておられるので」と明かした。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

Close
2016年、話題の人々(社会・芸能・スポーツ編)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

【ショーンK経歴詐称】本人がラジオ番組で涙声で謝罪 「今回の取り返しのつかない事態の発端と過ちの責任は私にある」