NEWS

和田義明氏が北海道5区で当選 自民、「野党統一候補」を破る【衆院補選】

2016年04月24日 22時40分 JST | 更新 2016年04月24日 22時40分 JST
時事通信社

衆院選北海道5区の補欠選挙が4月24日、投開票され、自民党新人の和田義明氏(44)=公明、日本のこころ推薦=が、無所属新人の池田真紀氏(43)=民進、共産、社民、生活推薦=を破り、初当選した。NHKニュースなどが報じた。

町村信孝前衆院議長の死去に伴う補選で、与野党一騎打ちの構図となった。選挙結果は、安倍晋三首相の政権運営や今後の野党共闘の行方に影響を与えそうだ。

和田氏は亡くなった町村氏の次女の夫で、「弔い合戦」で競り勝つことになった。鈴木宗男元衆院議員が率いる地域政党「新党大地」の支援を受け、自民、公明の両支持層をまとめていた。

池田氏は野党4党の相乗りとなったが、地元事務所は「市民色を出したい」という意向を強めていた。陣営には、選挙戦で「自公」対「民共」の構図がことさらに強調されるのをかわす狙いがあるとみられていた

朝日新聞社が16、17日に実施した電話調査では、池田氏が民進、共産両支持層の8割以上を固め、無党派層からも6割の支持を得ていたが届かなかった。