NEWS

小倉智昭氏が「膀胱がんで休養」との報道→本人「休業なんかできない」

2016年05月12日 21時58分 JST | 更新 2016年05月12日 22時04分 JST
時事通信社

小倉智昭キャスター(68)が、膀胱がんの手術のため入院、休養すると5月13日にスポニチが報じた。これに関して小倉キャスターは同日、自身が司会を務めるフジテレビの情報番組「とくダネ!」の中で報道内容を否定した。

スポニチは、小倉キャスターの代役は笠井信輔アナウンサー(53)が務めるとし、共演する菊川怜(38)らとともにメインキャスター不在の番組を支えると報じた

テレビ局関係者によると、都内の病院で検査を受けた際、膀胱にがんが見つかった。詳細については不明だが、近く手術を受ける予定で「状況は深刻ではないと聞いています」という。「とくダネ!」で現在の体調や、詳しい症状などを視聴者に向けて説明し、そのまま休養に入るとみられる。

フジ「とくダネ!」キャスター小倉智昭氏 膀胱がん手術、休養へ  ― スポニチ Sponichi Annex 芸能より 2016/05/13 05:30)

これに対し小倉キャスターは「とくダネ!」冒頭で「今日は、中には小倉の顔色を一生懸命見ている方もいらっしゃるのではないかと思う」とした上で、「こんなに元気で休業なんかできないでしょ」と報道内容を否定した。

その後、小倉キャスターは番組の最後に「昨年末から微量の血尿があり、内視鏡検査で膀胱にがんが見つかった」「がんは早期のもので、火曜日に手術すれば土曜日には出られる。ちゃんと戻ってまいります。1週間だけお休みさせていただきます」と述べた。

関連記事

菊川怜 画像集