NEWS

中国海軍の情報収集艦、日本領海に侵入 屋久島周辺を一時航行

2016年06月14日 23時50分 JST | 更新 2016年06月15日 00時00分 JST
防衛省

中国海軍の情報収集艦1隻が6月15日未明に、日本の領海に侵入していたことが判明した。防衛省からの情報として、NHKニュースなどが報じた。中国海軍の艦艇が日本の領海に侵入するのは極めて異例だ。

産経ニュースによると、侵入したのは、全長130メートルのドンディアオ級情報収集艦。午前3時半ごろ、鹿児島県の口永良部島(くちのえらぶじま)西方の領海を、南東に進むのを海上自衛隊のP3C哨戒機が確認。午前5時ごろ、屋久島の南方から領海を出た。

世耕弘成・官房副長官は15日の会見で、「政府としては引き続き、我が国周辺海空域における警戒監視活動などに万全を期していく。今回の中国艦艇がどういう目的で航行したかについては、現時点では確たることを申し上げるのは控えさせてもらいたい」と述べた


■9日には尖閣周辺に侵入

中国海軍をめぐっては、6月9日未明にフリゲート艦1隻が、尖閣諸島の沖合で日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入ったのが確認され、外務省が抗議していた。

関連記事

海上自衛隊の護衛艦