Huffpost Japan

「こち亀」8年ぶりにアニメ化 ラサール石井の両津勘吉は健在

投稿日: 更新:
KOCHIKAME
こちら葛飾区亀有公園前派出所 198 (ジャンプコミックス) | 集英社
印刷

oricon style

『こち亀』アニメ8年ぶりに復活 ラサール石井ら声優は続投

フジテレビ系アニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(通称・こち亀)が2008年以来、8年ぶりに“復活”することが20日、わかった。原作40周年を記念して制作される新作アニメでは、主人公の警察官・両津勘吉にラサール石井、秋本麗子に森尾由美、中川圭一に宮本充、大原大次郎に佐山陽規などおなじみのキャラクターの声優陣が続投。このほど公開されたキービジュアルでは浅草やスカイツリーをバックに自転車で爆走する両津の姿が描かれている。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)において1976年より連載している秋本治氏による人気漫画を基に主人公の両津が務する亀有公園前派出所を舞台に繰り広げられるコミカルなストーリーと個性的なキャラクターが魅力の同アニメ。原作は40年間における週刊連載で一度も休載しておらず、コミックスの総発行部数が累計1億5650万部にものぼる。アニメは1996年から2004年にわたってレギュラー放送され、その後、不定期に特別番組が9回制作されていた。

今回は東京の下町で、両津とその仲間たちが繰り広げるスケール感の大きなストーリーがみどころとなる。高橋知子プロデューサーは「両さんのホームグラウンドである下町を舞台に、大アクションドタバタコメディーが展開していきます。これまでの設定を生かしながらスカイツリーなどリアルな2016年の世界観をふんだんに取り入れて制作しています。懐かしいけど新しい2016年のこち亀をどうぞお楽しみに!」と呼びかけている。

【関連記事】

画像集が開きます

Close
コスプレ美女120選
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡