Huffpost Japan

ポケモンGOが海外で大人気。アクティブユーザー数でTwitterに迫る勢い

投稿日: 更新:
POKEMON GO
The augmented reality mobile game "Pokemon Go" by Nintendo is shown on a smartphone screen in this photo illustration taken in Palm Springs, California U.S. July 11, 2016. REUTERS/Sam Mircovich/Illustration | Sam Mircovich / Reuters
印刷

ポケモンGOが、海外で爆発的人気だ。

「ポケモンGO」は、日本に先駆けて7月7日にアメリカやオーストラリアなどで公開されたスマートフォン向けのゲームだ。

公式サイトによれば、「現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲーム」だ。プレイヤーは、現実の世界でポケモンを探したり、他のプレイヤーと交流したりできるのだ。

このゲームアプリが、リリース以来急激な勢いでインストールされている。

データ分析会社「SimilarWeb」によれば、アンドロイド携帯でのポケモンGOのインストール数は、出会いアプリ「Tinder」のインストール数をあっと言う間に追い抜いた。


インストール数:青い線がポケモンGO、オレンジの線がTinder

アクティブユーザー数は、Twitterに迫る勢いだ。


アクティブユーザー数:青い線がポケモンGO、オレンジの線がツイッター

1日に費やす時間も、他の人気アプリよりずっと長い。アプリがリリースされて2日目となる7月8日、ポケモンGOの平均利用時間は43分23秒で、InstagramやSnapchatと言った人気アプリを大きく引き離した。


1日の平均利用時間:左から、ポケモンGO、WhatsApp、Instagram、Snapchat、Messenger

この人気は、任天堂の株価にも影響している。7月11日、東京証券取引所での任天堂の株価の終値は、同日スタートに比べて25%増の約280億ドル(約2.8兆円)だった。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます▼

Close
変なポケモンキャラ20選
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド