Huffpost Japan

「パタリロ!」舞台化の主演はあの人に決定

投稿日: 更新:
印刷

poatario
舞台「パタリロ!」を紹介する舞台制作会社・ネルケプランニングのサイト

舞台化されるギャグ漫画「パタリロ!」の主役、パタリロ殿下を俳優の加藤諒(26)が演じると、舞台制作会社・ネルケプランニングが7月22日に発表した。ほか全キャストが決まった。

このほか、美少年・マライヒ役は佐奈宏紀、MI6のエージェント・バンコラン役は青木玄徳が演じる。

加藤諒は、NHKドラマ「とと姉ちゃん」や日本テレビ系ドラマ「ゆとりですがなにか」や、舞台でも7月30日から再演される「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」に出演。個性派俳優として人気が高まっている。

ryo kato
加藤諒

加藤はスポニチに対し「素敵なスタッフの皆さま、素敵なキャストの皆さまと、素敵な“パタリロ!”をつくり上げたいと思いますっ」と話した。

舞台「パタリロ!」は12月8〜25日に東京・新宿の紀伊國屋ホールで上演される。脚本は俳優としても活躍する池田鉄洋が、演出は俳優・ダンサーでもある小林顕作がそれぞれ担当する。

「パタリロ!」は魔夜峰央(まやみねお)さん原作。1978年から「花とゆめ」で始まり、現在は白泉社のWebサイト・花LaLa onlineで連載されている。南海に浮かぶ常春の島マリネラ王国を舞台に、国王・パタリロと、美少年諜報員らによって繰り広げられる騒動を描く。


▼画像集が開きます▼

Close
「子どもに読ませたいマンガ」ランキング
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡