Huffpost Japan

ポケモンGOは「悪魔のアプリ」モスクワ市が代用アプリ配信、内容は...

投稿日: 更新:
SELFIE PUTIN
SOCHI, RUSSIA. MAY 10, 2016. Russia's President Vladimir Putin (R) poses for a photograph with kids at the Sirius education center for gifted children. Mikhail Metzel/TASS (Photo by Mikhail Metzel\TASS via Getty Images) | Mikhail Metzel via Getty Images
印刷

ロシア・モスクワ市の当局は7月25日、ロシアの歴史的な偉人を街中で「捕まえて」一緒に写真を撮ることができる「ポケモンGOに似た」スマートフォンのアプリを配信すると発表した。BBCなどが報じた。「ディスカバー・モスクワ」という意味のタイトルで8月末にも配信開始するという。

ロシアではポケモンGOの配信はまだ開始されていないが、市民の一部は海外のアカウントを利用するなどの方法で、ロシア国内で遊び始めている

ロシアの上院議員は「このシステムは悪魔のように内面からロシア国民を荒廃させる」とタス通信に語った。また、ガーディアンによると、別の与党の下院議員は「ポケモンGO配信の狙いは、9月の国会議員選挙前に政情不安を引き起こさせることだ」と国営ニュースに語るなど、警戒感も強い。

発表などによると、ユーザーが「ゲットする」ことができる偉人はモスクワ出身や、モスクワにゆかりの深い人物たち。ガガーリン、チャイコフスキー、アレクサンドル・プーシキン、ナポレオン・ボナパルト、アレクセイ・ミハイロヴィチ (ロシア大公)らが含まれるという。

ユーザーはアプリを使ってモスクワ市内を探索し、特定の位置にたどり着くことで、偉人と一緒に「セルフィー(自分撮り)」を楽しむことができるという。

【ポケモンGO関連記事】

「ミュウツーGET」の情報出回る。深夜の鶴舞公園が大混雑、結果は...?


自宅や職場が「ポケストップ」になっちゃった...解除する方法は?


「ポケモンGOは監視資本主義だ」 オリバー・ストーン監督が警告

▼画像集が開きます▼

Close
ポケモンGOに世界が熱狂
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡