Huffpost Japan

稲田朋美・新防衛相は「網タイツの女王」 韓国メディアは「強硬右派」と警戒

投稿日: 更新:
TOMOMI
稲田朋美議員 | ロイター通信
印刷

内閣改造で防衛相に起用される見通しと報じられた自民党の稲田朋美前政調会長について、韓国メディアは8月2日、「強硬右派の女性政治家」(中央日報)と伝え、「韓日間の防衛協力問題で摩擦が起きかねないという指摘もある」(同)と警戒感をあらわにした。時事通信などが伝えた。

中央日報の日本語版は稲田氏について、太平洋戦争のA級戦犯処罰を決めた東京裁判に対して疑問を提起してきたことや、2014年に行政改革担当相として靖国神社を参拝したこと、2011年に竹島の領有権を主張する新藤義孝衆院議員らとともに、竹島に近い鬱陵島への訪問を試みたとして、韓国に入国を拒否されたことなどを取り上げている。

■稲田朋美氏・どんな人?

稲田氏は1981年に早稲田大学を卒業後、司法試験に合格し1985年に弁護士登録。

党内きっての保守系議員」である稲田氏は、「私は産経新聞がなかったらたぶん政治家になっていなかった」と2015年11月に産経新聞主催の講演会で話している。

南京事件で戦犯として処罰された少尉の遺族が、朝日新聞や毎日新聞などを相手取って損害賠償などを求めた名誉毀損訴訟「百人斬り裁判」(原告敗訴)で原告側代理人として参加したことが政界入りのきっかけになったという。

初当選は2005年の「郵政選挙」。郵政民営化法案に反対した松宮勲衆議院議員への「刺客」候補として福井1区に転居して自民党公認で立候補した。解散直前に自民党議員に対して行った講演がきっかけで安倍晋三首相がスカウトしたという。当時、「私は落下傘ではありません、福井のおっかさんです」と街頭で「地元」アピールする姿が頻繁にテレビで取り上げられた。現在4期目。

2012年の第2次安倍晋三内閣発足とともに行政改革担当相に就任、2014年から自民党政調会長を務めている。

稲田氏の資金管理団体に「在日特権を許さない市民の会」(在特会)幹部とともに活動する8人が寄付したことについて「在特会との蜜月」と週刊誌が指摘。慰謝料などを求めて週刊誌を相手に提訴したが、判決では、この内容は真実で公益性もあると認定された。朝日新聞デジタルなどが報じている。

選挙区の福井名産のメガネをかけ、網タイツを履く姿がトレードマーク。「『網タイツの女王』とか言われていますが、これも福井の素晴らしい経編(たてあみ)の技術を注目してもらうためにはいているのです」と講演会で話している。2013年に「メガネベストドレッサー賞政界部門」を受賞している。表彰式で掛けていたメガネは、アメリカ共和党のサラ・ペイリン元副大統領候補が掛けていたものと同ブランドだと紹介したという。

著書「私は日本を守りたい: 家族、ふるさと、わが祖国」で、選択的夫婦別姓に対しては「家族崩壊を招く」として反対している。

▼画像集が開きます▼

Close
稲田朋美衆院議員 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡