Huffpost Japan

蓮舫氏「岡田代表が大好き。ただ、本当につまらない男」 民進党代表選に向け会見

投稿日: 更新:
印刷

rehou

民進党の代表選挙(9月2日告示、9月15日投開票)への出馬を表明した蓮舫参議院議員が8月23日、日本外国特派員協会で記者会見した。

党代表代行でもある蓮舫氏は、代表選挙の「最有力候補」とみられている。会見の中で蓮舫氏は、安倍首相の経済政策アベノミクスを「昭和の時代には機能した」と批判。その上で「(民進党は)人への投資を明確にしっかりと示す」とし、予算の組み替えによって給付型の奨学金や保育士・介護しの待遇改善を目指す政策を訴えた。

また、蓮舫氏は岡田克也代表について、「ここが大事なので、ぜひ編集しないでいただきたいのですが…」と前置きした上で、「私は岡田克也代表が大好きです。ただ、1年半一緒にいて、本当につまらない男だと思います」と冗談交じりに発言。
その上で、「人間はユニークが大事です。私にはそれがあると思います」と述べ、自身が代表に選出されることで、民進党のイメージアップを図れるという考えを示した。蓮舫氏は、岡田代表から代表選での支持を取り付けている

■民進代表選、蓮舫氏の対抗馬は?

民進党代表選をめぐっては、岡田克也代表が蓮舫氏を支持する意向を示唆している。一方で、現執行部に批判的なグループが蓮舫氏への対抗馬を模索しているが、意見を集約できていない。

NHKニュースなどによると、早くから次期代表の有力候補の一角とみられていた前原誠司元外相や、現執行部に批判的な長島昭久元防衛副大臣らが立候補に踏み切るかどうかが焦点になるとみられている。

朝日新聞デジタルによると、旧民主党代表も務めた前原氏は早くから次期代表候補の有力候補と見られてきた。8月に入ると、党内最大勢力である旧「維新の党」出身議員や、現執行部に批判的な大畠章宏元幹事長と会談。また、出馬に意欲を見せる長島昭久元防衛副大臣とも面談。連携の動きを加速させている。

ただ、前原氏と政治理念も近いとみられてきた細野豪志元環境相は、8月上旬に蓮舫氏の支援を表明しており、党内から幅広い支持を得られる見通しは立っていない。

江田憲司代表代行ら旧維新の党出身議員ら約20人は8月3日、代表選の主導権を握ろうと新たなグループを立ち上げたが、前原氏や江田氏のほか、党内の若手議員らからは世代交代を進めるべきだとして、党国対副委員長の玉木雄一郎衆院議員を推す声もあり、候補を絞り切れていない状況だ。