Huffpost Japan

ニワトリが奏でるピアノの音は、なぜこんなにも僕らの心を揺さぶるのだろう(動画)

投稿日: 更新:
印刷

フランス人の作曲家イゴールの弟子は、パトリックという名前のニワトリだ。

パトリックは小さなピアノの上でエサをせっせとついばみ、上質のニワトリラプソディーを創作する。

YouTubeの説明によると「パトリックの感情のこもったクチバシでつつくソナタの耳に心地よいテンポ。これは修正していません」という。「イゴールは伴奏しているだけです」

パトリックは以前にもネットに演奏シーンを公開している。はっきりとした身のこなしがどこからくるのかわかる。

ブラボー! パトリックは羽の生えた名ピアニストだ!

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
キュートな動物たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)