Huffpost Japan

TPP法案、強行採決は「議運委員長が決める」 山本農水相が発言

投稿日: 更新:
ABE
山本農水相(左)と安倍首相 | 時事通信社
印刷

山本有二農水相が10月18日、自民党の佐藤勉・衆院議院運営委員長のパーティーで、衆院特別委員会で審議されているTPP(環太平洋経済連携協定)の承認案について「野党が必ず強行採決するだろうと総理に質問するが、強行採決するかどうかはこの佐藤勉さんが決める」と述べ、強行採決の可能性に言及した。時事ドットコムなどが報じた。

安倍晋三首相は17日の衆院特別委員会で「我が党においては(1955年の)結党以来、強行採決しようと考えたことはない」と表明した矢先の発言で、野党からの反発が予想される。

TPP承認案をめぐっては、自民党の福井照衆院議員が9月29日「(衆院TPP特別委員長だった)西川公也先生の思いを強行採決という形で実現するよう頑張らせていただく」と発言。批判を受け、特別委員会理事を辞任している経緯がある。

■安倍首相「強行採決しようと考えたことはない」→実際は…

安倍首相は「強行採決しようと考えたことはない」と表明したが、2015年9月17日には参議院特別委員会では与党などが「安全保障関連法案」の採決を強行。成立直後、参院事務局が作成した議事録では、与野党議員がもみ合い混乱する議場の様子を「速記中止」「発言する者多く、議場騒然、聴取不能」と記している

安保関連法案の強行採決をめぐっては、新潟県弁護士会が「おかしいだろ、これ」「立憲主義、民主主義を真っ向から否定する暴挙である。断じて許されない」と表明するなど、批判が相次いだ。

▼画像集が開きます▼

Close
楽天マンガニュース「いまさら聞けない!TPPのヒミツとリスク」
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら