Huffpost Japan

フィデル・カストロ氏死去、キューバ移民はなぜ祝福するのか グロリア・エステファンが理由を語る

投稿日: 更新:
GLORIA ESTEFAN
REUTERS/Andrew Kelly | Andrew Kelly / Reuters
印刷

キューバの首都ハバナでは、フィデル・カストロ前国家評議会議長の死去に国を挙げて9日間喪に服し、11月29日の追悼式典には、100万人以上が集まった。

しかし、アメリカのリトル・ハバナやマイアミの周辺地域では、1950年代以降亡命してきたキューバ系住民が何千人も暮らしており、にぎやかなお祝いムードに包まれている。

キューバ政府が11月25日夕方、カストロ氏が90歳で亡くなったと正式に発表した後、数時間のうちに南フロリダの通りは多数のキューバ系住民で埋め尽くされた。

マイアミを拠点に活動するアルゼンチンのテレビタレント、ハビエル・セリアニがFacebookに投稿した動画では、市民が「自由を!」「独裁者が死んだ!」と叫ぶ声が聞き取れる。リトル・ハバナの有名レストラン「ベルサイユ」前には人だかりができ、多くの人々が「自由を!」と叫ぶ一方、キューバ国旗を振り回す人々の姿や、歓声とともに鍋やフライパンをガンガンと鳴らす姿があった。

Miami Festeja la Muerte de Fidel

Posted by Javier Ceriani on Friday, 25 November 2016

カルロス・ロペス(40)さんは、マイアミ・ヘラルド紙の取材に対し、歴史的瞬間に参加しようと12歳の娘を連れて来たと答えた。

「私たちは1人の男が死んだと祝っているわけではなく、ひとつのイデオロギーが死んだと祝っているのです」と、ロペスはヘラルド紙に述べた。「私たちは、今日取り戻した小さな自由のかけらを祝福しているのです」

しかし、人混みに紛れるプラカードの中には、「嫌な奴が死んだ」、「地獄に落ちろ」、と明らかにカストロ氏を指しているようなものも見られた。

歌や踊りが見られる中、多くのキューバ系住民やその他の住民が、夜中を過ぎても通りに押し寄せた。人混みの中には、シャンパンの栓を開ける人の姿もあった。

Wowwwww

Yachts Addictionsさん(@yachts_addictions)が投稿した動画 -

マイアミで、フィデル・カストロ死去を祝って通りの真ん中でシャンパンの栓を開ける人々

多くの人々にとっては、胸が熱くなる一夜となった。エイブラハム・キンテロ(27)さんは、マイアミ・ヘラルド紙の取材に対し、涙ながらに答えた。「この瞬間を、私の父にも見せたかったです」と、キンテロさんはヘラルド紙に語った。


■ グロリア・エステファン「彼が信奉した破滅的なイデオロギーが象徴的な死を迎えた」

「ドクタービート」「コンガ」などのヒット曲で知られるキューバ生まれの歌手グロリア・エステファンは、キューバ革命後、アメリカに亡命した。アメリカに到着した時にはエステファンはまだ小さな子供だったが、カストロ政権による人権侵害や政治的弾圧に対し、頻繁に批判的な意見を述べている。

南フロリダ在住のエステファンはInstagramに、即席のいかだで亡命する身元不明のキューバ人の姿とみられる写真の下に、英語とスペイン語で長文のメッセージを書き込んだ。そこには、なぜキューバ移民たちがカストロ氏の死を祝福しているのか、その理由を綴っている。

---

人の死を祝うことなどめったにないことですが、亡命キューバ系住民のコミュニティでは、彼が信奉した破滅的なイデオロギーが象徴的な死を迎え、長いこと待ち望んでいた新たな希望や安堵の気持ちでいっぱいなのでしょう。

カストロ政権の支配から一夜で解放されることはありません。反対派を弾圧し、罪なき人々を無差別に投獄し、家族を断絶させ、国民に自由な発言をさせない厳しい制限を課し、テロ行為を国として許可し、かつては繁栄と成功を収めた一国の経済を破壊させたカストロの死を迎えて、キューバの人々や我々の世界に、ポジティブな変化だけが訪れるでしょう。

私が選んだ美しい国アメリカが、自由であり続けますように。そして自由への希望が、私の故郷に暮らすキューバ人一人一人の心や世界中に元気を与え、繰り返されますように。

---

エステファンは9月、ハフィントンポストUS版の番組「ハフポストライブ」で、アメリカとキューバの国交正常化について、「アメリカでは政治的な変化は起きたが、キューバでは変化がない」と語った。

「キューバは人権侵害を続けています。それでも私はキューバに実際の政変が起きる日を、期待しています。57年経って私が思うのは、政変は徐々に起こるべきものなのです。民主主義が突然やってきても、対処できません。突然の変化が起きても、キューバにとって最善の結果ではないかもしれません。キューバはもう長いこと、時間の流れが止まった世界なのですから」

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
リトル・ハバナで歓喜にわくキューバ移民
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)