NEWS

ジンバブエのムガベ大統領を退陣に追い込み、独裁を終わらせる動きが活発化

2017年01月02日 16時33分 JST | 更新 2017年01月02日 16時33分 JST
Philimon Bulawayo / Reuters
President Robert Mugabe waits to address mourners gathered for the funeral of former cabinet minister and ZANU-PF member Cephas Msipa in Harare, Zimbabwe, October 22, 2016. REUTERS/Philimon Bulawayo TPX IMAGES OF THE DAY

36年にわたって長期独裁を続けているジンバブエのロバート・ムガベ大統領(92)を辞任に追い込もうという動きが国内の若年層を中心に出てきている。

ムガベ氏は2016年12月、2018年に行われる大統領選への出馬が与党「ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU-PF)」の党大会で承認された。ジンバブエで2013年に制定された新憲法では、最長で2期10年務められる。

ムガベ大統領は1924年生まれ。イギリスに対する反植民地闘争の指導者で、80年の独立時には首相、共和制に移行した87年には初代大統領に就任した。独立当時、ジンバブエはサブサハラ有数の工業生産を誇り、白人農園による農業生産性も高かった。

だが、ムガベ政権は白人から黒人への農地再分配を促進させようと、92年に「土地収用法」を制定。2000年以降は、白人農場を強制没収し、黒人を移住させるという強硬策をとった。白人支配からの脱却という名目があったものの、これにより農地が荒廃し、農業生産は著しく低下した。

さらに政権内で汚職が横行し、言論統制や反政府運動への武力弾圧も激化。こうした圧政に国際社会の批判が高まり、旧宗主国イギリスも支援を打ちきったため、財政悪化にいっそうの拍車がかかった。

年間インフレ率は一時、2億3000万%を超え、財政は破綻(はたん)した。現在は米ドルなどを流通させ、インフレは落ち着いたが、経済再建は途上にある。

2016年10月22日、ジンバブエの首都ハラレで、閣僚を務めジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線 (ZANU-PF) の党員だったセファズ・ムシパ氏の葬儀に集まった人々に演説するため到着したロバート・ムガベ大統領

「#Tajamuka (タヤムカ)」と称するジンバブエの有力な市民運動グループが、2017年に「大規模な」反政府抗議活動を繰り広げ、ロバート・ムガベ大統領を辞任に追い込むと宣言した。アフリカ南部にある国、ジンバブエの国内諸問題の舵取りが上手くできていないというのが主な理由だ。

ジンバブエの様々な野党や市民運動に所属する若者たちで構成するこのグループは、2016年秋に結成後、反政府デモを繰り返している。

タヤムカのリーダー、プロミス・ムクワナンジー氏は南アフリカに拠点を置くネットメディアNews24の取材に、自分たちは新年にジンバブエ国民を動員して街に繰り出し、ムガベ大統領を政界から引退させ、新しく選挙をやり直すための道筋を開くよう要求する準備ができていると語った。

「我々はジンバブエの街中に立ち抗議するメンバーの数を増やし、ムガベ大統領を辞任に追い込むつもりです」とムクワナンジー氏は語った。

しかし警察の報道官を務めるチャランバ上級警視副総監は、いかなる形の違法行為に対しても警察側は全力を挙げて対処すると警告を発した。

■ 警察は抗議デモを許可するのか

「警察は法を最大限適用します。警察はいかなる無許可の集会やデモを許容することはなく、いかなる組織であろうと個人であろうと、まずは管轄機関からの許可を得るよう勧告する」と、チャランバ氏は語った。

タヤムカは警察に許可を求めることなど一切ないとし、「警察はムガベ独裁政権の手先として動いた」と主張している。

タヤムカはジンバブエから強制退去させられたエヴァン・マワリレ牧師が主導する「#ThisFlag (この国旗)」などの市民団体と協力し、2016年7月に2日連続のゼネストを決行し、ジンバブエの国家機能は麻痺した。何十人もの活動家がジンバブエ各地で逮捕され、裁判にかけられ、内乱罪で有罪となった。

ムガベ大統領自身は、「ジンバブエ国民からの負託を受けている限り」大統領職を辞することはないと世界に向けて宣言している。

野党「民主変革運動」(MDC)が不正選挙と主張する2013年の大統領選で、ムガベ大統領はモーガン・ツァンギライ元首相を激戦の末に破り当選した。しかしMDCなど野党各党は、大統領が法的正当性を欠いていると長年批判してきている。

■ 野党連合の可能性

野党各党は現在連帯して、統一大統領候補を擁立し、ムガベ大統領と与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(Zanu-PF党)と対決しようと模索しているところだ。

ムクワナンジー氏によると、タヤムカはジンバブエの各野党と同盟を結び、ムガベ大統領に反対する勢力を強化する準備ができているという。

「我々は2018年の選挙に間に合わせるべく、全野党に連帯するよう圧力をかけていくつもりです。この野党連合結成こそが、貧困の増加と政府による人権弾圧に苦しむ、ジンバブエ国民を救い出すための唯一の方法なのです」

ハフィントンポスト南アフリカ版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

ムガベ大統領

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

独裁国家ジンバブエが削除を命令した、いわくつきの写真がこれだ(画像)

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png