NEWS

唐津市議選に「青木茂」が2人出馬 どう投票すればいい?

2017年01月23日 18時02分 JST | 更新 2017年01月23日 18時24分 JST
Sanamoo via Getty Images
POSTER BULLETIN BOARD FOR ELECTION in Japan

1月29日投開票の佐賀県唐津市議選に、「青木茂」という名前の同姓同名の2人が立候補した。有権者はどうやって2人を判別し、どのように投票すれば良いのだろうか。

毎日新聞によると、2人はいずれも無所属で、4期目を目指す現職(56)と、新顔(43)の男性候補。同市では漢字も読み方も同じ立候補者は初めてで、全国でも過去に数例しかないという。

市選管は対策として、2人については、投票所の記載台に掲示する立候補者名簿に、年齢と現・新かを明記。投票用紙には、名前に加えて年齢などの情報も書いてもらい、票を区別する。市選管は当初、「同姓同名の候補者に投票する場合は(現・新などの)付記を記して下さい」と注意書きをすることや、職業での区別も検討したが、2人とも建設業出身だった上、特別扱いすることになると判断してやめた。

開票では、年齢や現・新の別などの記載がなく判別ができない場合、2人の得票割合に応じて票を振り分ける。

新顔陣営は朝日新聞の取材に対し、「青木茂と言うと『聞いたことがある』と反応があるのは現職のおかげ。他の新顔より覚えてもらいやすいが、案分は(実績のない)うちに不利だろう」と言及。一方現職陣営は「まず青木茂が2人いることを浸透させないと、氏名だけの記載では全て案分。氏名を連呼する旧来の手法ではなく、『現職の青木茂』『青木茂 現』といったふうに視覚的に示せるLINE(ライン)などでの発信の必要性を痛感している」と話した。

ハフィントンポストは1月23日、唐津市選管に電話取材した。担当者は、投開票の際に混乱が起きる可能性について、「よく似た名前の立候補者がいる時の方が、票の判別が難しい。今回は現職と新顔の違いがはっきりしているので、かえって混乱が少ないのでは」と否定。有権者に向け、「あくまでも記載台の名簿にしたがっていつも通り投票してほしい」と呼びかけた。


■関連画像集「写真で見るアメリカ大統領選」

写真で見るアメリカ大統領選挙


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら