「マドンナを逮捕しろ」トランプ氏応援の保守派議員「ホワイトハウスを吹き飛ばしたい」発言に噛みつく

投稿日: 更新:
NEWT GINGRICH
共和党のニュート・ギングリッチ元下院議長 | Anadolu Agency via Getty Images
印刷

共和党のニュート・ギングリッチ元下院議長は1月23日、女性の権利を訴える「ウイメンズ・マーチ」でトランプ大統領批判のスピーチをした歌手マドンナを批判し、「逮捕されるべきだ」と語った。

ワシントンD.Cで21日に行われたウイメンズ・マーチでマドンナは、「ホワイトハウスを吹き飛ばしたい」と発言した。ギングリッチ氏はこれを問題視している。

「そう、私は怒っている。そう、めちゃくちゃ怒ってる。そう、ホワイトハウスを吹き飛ばしたいって、心の底から思ってる」1月21日、マドンナは冗談めかして大群衆に話した。「でも、そんなことをしても何も変わらないってことも分かってる」

マドンナは、これまでもトランプ大統領を痛烈に批判している。彼女は5分近くに及んだ「愛の心をもって絶望に陥らないように」と5分近くに及ぶスピーチのほとんどを費やして首都ワシントンのデモ参加者を励ました。

「今回の選挙で勝ったのは善じゃないけど、最後にはきっと善が勝つと私は信じてる」

長らくトランプ氏のアドバイザーを務めてきたギングリッチ氏は23日、FOXニュースの番組「FOX&フレンズ」でマドンナを逮捕しろと要求した。

「左派のファシズムが台頭しており、彼女が一役買っている。私たちは自分自身を守るために備えておく必要があると考えている」と、ギングリッチ氏は言った。「彼女は本当に逮捕されるべきだ」

マドンナは22日、Instagramでホワイトハウスへの発言はたとえで、「雑に引用された」と語った。

「私は暴力的な人間ではない」と、彼女は語った。「怒りから行動しても何も解決しないことはわかってる。物事を良い方向に変えていくただひとつの方法は、愛をもって行動することだけ」

合衆国憲法修正第一条は「特定の個人または集団に違法な暴力行為を加える深刻な意図」があると証明されないかぎり、憎悪を込めた表現や威嚇を含めた幅広い発言を保護している。

Yesterday's Rally. was an amazing and beautiful experience. I came and performed Express Yourself and thats exactly what i did. However I want to clarify some very important things. I am not a violent person, I do not promote violence and it's important people hear and understand my speech in it's entirety rather than one phrase taken wildly out of context. My speech began with " I want to start a revolution of love." ♥️ I then go on to take this opportunity to encourage women and all marginalized people to not fall into despair but rather to come together and use it as a starting point for unity and to create positive change in the world. I spoke in metaphor and I shared two ways of looking at things — one was to be hopeful, and one was to feel anger and outrage, which I have personally felt. However, I know that acting out of anger doesn’t solve anything. And the only way to change things for the better is to do it with love. It was truly an honor to be part of an audience chanting “we choose love”. 🙏🏻🇺🇸♥️🙏🏻🇺🇸♥️🙏🏻🇺🇸♥️🙏🏻🇺🇸♥️🙏🏻🇺🇸 #revoltutionoflove♥️#revolutionoflove♥️*******************************************************

Madonnaさん(@madonna)が投稿した写真 -

---

昨日の「大集会」は素晴らしくそして美しい経験だった。参加して、「エクスプレス・ユアセルフ」を歌って。実際に私がしたことはそれ。

でも、とても大切なことをいくつかはっきりさせておきたい。私は暴力的な人間ではない。暴力を煽ったりしない。雑に引用されたフレーズ1つなんかより、みんながスピーチ全部を聞いて理解してくれることが大事。

スピーチの始まりはこう。「愛の革命を始めたい」。それから、女性と社会の主流から取り残されたすべての人が絶望に陥らず協力して、この機会を結束するための出発点にして、世界にポジティブな変化をもたらすように激励した。

たとえで話したのは物事を見る2つの視点をわかちあいたかったから。1つは希望を持つこと、もう1つは怒って怒りまくること。これは私が個人的に感じてきたこと。

でも、怒りから行動しても何も解決しないことはわかってる。物事を良い方向に変えていくただひとつの方法は、愛の心をもって行動することだけ。聴衆のみんなと一体になって叫んだのは本当に名誉だった。「選ぶのは愛」ってね。

---

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

▼画像集「ウイメンズマーチのマドンナ」が開きます

Close
ウイメンズマーチのマドンナ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)