トランプ政権の報道官、ニューヨークタイムズ、CNN、ハフィントンポストなど閉め出す

投稿日: 更新:
SEAN SPICER
(Photo by Aaron P. Bernstein/Getty Images) | Aaron P. Bernstein via Getty Images
印刷

アメリカのホワイトハウスは2月24日午後、ショーン・スパイサー報道官による非公開の報道ブリーフィング(記者説明)から複数の報道機関を閉め出した。これにより、政権と報道各社との間の緊張がさらに高まる可能性がある。

現政権に対し批判的な報道を行い、これまでにもしばしばドナルド・トランプ大統領から攻撃されているニューヨークタイムズCNNなどが出席を禁じられた。ハフィントンポストも入場を拒否された。閉め出されたメディアは他にロサンゼルスタイムズ、政治ニュースサイト「ポリティコ」、BuzzFeedなどがある。

AP通信と雑誌「TIME」は入場を許可されたが、抗議のためブリーフィングへの参加をボイコットした。

スパイサー報道官は、政権発足前に録画なしのブリーフィングを行い、「記者とのトラブルを避けたい」という理由で、ホワイトハウスで行われる定例ブリーフィングのテレビ中継を中止する可能性を示唆していた。今のところ出張で不在の時以外はテレビ中継を継続しており、24日の決定は異例の事態として、閉め出された記者たちから抗議が起きた。

ニューヨークタイムズのディーン・バケット編集主幹は抗議声明の中で、「本紙はこれまで長年にわたり、政党を問わず、さまざまな政権を取材してきたが、ホワイトハウスでこのようなことが起きるのは前代未聞だ」と述べた。「ニューヨークタイムズと他の報道機関に対する閉め出し措置に強く抗議する。政府の透明性と報道の自由が、極めて重要な国益であることは言うまでもない」

CNNは声明で、 トランプ政権は報道内容を理由に特定の報道機関に対する報復をしていると批判した。

CNNは本日、ホワイトハウスでの@PressSec(大統領報道官)による記者ブリーフィングへの参加を拒否されました。これを受け、当社は次のような声明を発表した。「トランプ政権による今回の行為が、都合の悪い事実を報じるメディアに対する報復措置なのは明らかであり、このような動きを容認することはできない」

政治ニュースサイト「ポリティコ」も、ブリーフィングから閉め出された。ブリーフィングへの参加を拒否されたあと、ジョン・ハリス編集主幹とキャリー・ブドフ・ブラウン編集長は、スタッフに向けた覚書で、同サイトは今後「政府を取材する独立メディアの権利を積極的に行使し、擁護する」方針をとると述べた。

「ホワイトハウスでの説明会から特定の報道機関を選択的に除外したことは間違いであり、このような行動が二度と繰り返されないことを期待している」と、ポリティコは述べた。

ホワイトハウス記者協会の代表でロイター通信のジェフ・メイソン記者は、「今回のホワイトハウスの処置に対して報道機関は強く抗議する」と述べた。

「私たちは現在、ホワイトハウスでのブリーフィングに参加を許された報道機関から、他の許されなかった機関に今回のブリーフィングの情報共有を進めている最中だ」と、メイソン記者は語った。 「記者協会の理事会は今回の件について、ホワイトハウスのスタッフとさらに協議する予定だ」

輪番制でホワイトハウスの動向をより多くの報道機関に提供する記者グループ「Friday’s White House press pool」のメンバーに加え、NBC、ABC、CBS、FOXニュースなどの主要な報道機関のジャーナリストなども今回のホワイトハウスの措置に抗議している。

ホワイトハウスは「ブライトバートニュース」、「ワシントンタイムズ」、「ワン・アメリカン・ニュース・ネットワーク」といった保守的な報道機関ばかりをブリーフィングに招待しており、特定の報道機関のみをえこひいきすることに不安の声が上がっている。

ホワイトハウスの広報担当者サラ・サンダース氏は「特定の記者を招待することで、全ての報道機関の代表とした」と、ハフィントンポストUS版に説明した。 「ホワイトハウスは、もう何組かの記者を追加することを決定したが、それ以上は追加する予定はない」

ハフィントンポストUS版のリディア・ポルグリーン編集長は「非常に困惑している」と述べ「ホワイトハウス記者協会の他のメンバーが連帯のため抗議してくれたことを心強く思う」と述べた。

「我々は、明らかに公益性のある問題に関して記者団にブリーフィングをする際、資格のあるすべての報道機関がすべて参加できることが極めて重要であることを、ホワイトハウスが認識することを望む」

BuzzFeedのベン・スミス編集長も声明を発表し、「ホワイトハウスが、自分たちにとって好ましくない記事を掲載している報道機関にあからさまな制裁を加えようとしていることに強く反対する。我々はこうした首を傾げたくなるような措置に惑わされることなく、引き続きこの政権を公平に、積極的に取り上げ続ける」と語った。

ウォールストリートジャーナルの記者は出席したが、同紙は、このような状況では今後二度とブリーフィングには参加しないと述べた。

「ウォールストリートジャーナルは、今回の騒動から特定のメディアを除外するというホワイトハウスの決定に強く反対している」と、ジャーナルのスポークスマンは述べた。 「当時このことを知っていればわが社は参加しなかっただろうし、これからもこんな規制を受けているブリーフィングには参加しない」

トランプ氏は2016年の選挙を通して、大統領選挙の最中に約12の報道機関をブラックリストに載せた。しかしスパイサー氏は、12月に「トランプ政権のホワイトハウスは、批判的報道を理由に記者会見室から特定の報道機関を閉め出すようなことはしない」と述べていた

閉め出しの数時間前、大統領はメディアを「アメリカ国民の敵」と批判し「フェイクニュースを流す報道機関」に対する攻撃を続けている

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
トランプ政権の100日間
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

【フリーランスの「保活」イベント3月1日開催】
ハフィントンポストでは、多様な働き方・預け方について考えるイベントを開催します。フリーランスで働く方、保活に苦労している方、フリーランスの仕事に興味がある方もぜひお越しください。詳細は下記から、またはこちらのページからご確認ください。ご参加を心よりお待ちしています。


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png