冨田真由さん「事務所の対応、何回思い返しても残念」 小金井刺傷事件でコメント【全文】

投稿日: 更新:
印刷

東京都小金井市で2016年5月、音楽活動をしていた冨田真由さん(21)がファンの男にナイフで刺され重傷を負った事件で、東京地裁立川支部(阿部浩巳裁判長)は2月28日、群馬県伊勢崎市の無職・岩埼友宏被告(28)に懲役14年6カ月(求刑懲役17年)の実刑判決を言い渡した

冨田さんは少なくとも34カ所を刺され、一時意識不明となった。その後、意識は戻ったが、口など一部の神経がまひし、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負うなど後遺症が残ったという。

この日、出廷せずに控室で判決内容を聞いた冨田さんは「(求刑の)17年でも短いと思っていたのに」とだけ言い、沈黙したという

代理人の弁護士は「何の反省もしていない犯人が、長くても、たった14年3カ月で塀の外に出てくると思うと、怖い」とコメントを発表した。岩埼被告が法廷で動機の一つとしてあげた「プレゼントを返却したこと」にも触れ、当時所属していた芸能事務所に依頼していたのに対応してもらえなかったとして、疑問を述べた。

tomita
判決後、記者会見した代理人の柴田崇弁護士(左)と高田沙代子弁護士

弁護士から提供された冨田さんのコメント全文は、以下の通り。

判決の結果を聞いて

冨田 真由(署名)

1 判決について

あれだけのことをしたにもかかわらず、何の反省もしていない犯人が、長くても、たった14年3カ月で塀の外に出てくると思うと、怖いです。

思い出したくもない事件のことを何度も思い返して、意見陳述を書いて、読み上げました。私や私の家族の苦しみが伝わらなかったのだと思うと、やりきれません。

たった約14年後には、犯人が塀の外を歩いている。そう思うと、今から不安と恐怖しかありません。

2 証人の方や励ましの言葉をくださった方々へ

通報などをして助けてくださった方々や、精神科の先生が、証人として裁判で話してくれていました。

こうやって、みなさんの必死な思いに助けていただいたのだと改めて感じさせられました。本当にありがとうございました。

たくさんの励ましの言葉をもらい、勇気づけられました。

3 芸能事務所に関するコメント

犯人は、裁判の中で、プレゼントを返されたこと、しかもプレゼントを受け取ってから返されるまでに時間がかかっていたことを動機の一つのように話していました。

私は、犯人からの返せという書き込み、脅迫めいた書き込み、返して貰うためにライブに行くということをほのめかす書き込みなどがくるようになったことに恐怖を感じ、早く返さなければいけないと思いました。

以前から、事務所には、しつこいファンの男がいて、ブログやツイッターに怖い書き込みをしてきたり、ライブの後につきまとわれたりしていることも相談していましたが、特に何も対応してもらえていませんでした。

自分から送り返したら反感を買うかもしれないと思い、平成28年の3月6日には、当時所属していた事務所に、犯人から渡された腕時計と本を持って行き、事務所の方から犯人に返して欲しいというお願いをして、全て預けていました。事務所の人は、「わかりました。返しておきますね」と言っていました。このとき、事務所の方から、犯人がライブに来ないように文章を作って欲しいというお願いもしていました。

結局、事務所の方では、犯人に返して貰えず、事務所を辞めたときに、「預かっていた物」と言って、私に渡されました。

既に返してもらえていると思っていた犯人からのプレゼントを渡されたときには、本当にビックリしました。あの時、「わかりました。返しておきますね」と言ってくれていたのに。もちろん、事務所からの文章も作ってもらえていませんでした。

私は、早く返さなければいけないと思い、事務所から帰る途中、そのまま郵便局に行きました。どうして良いかわからなくて、急いで郵便局から送り返しましたが、そのとき、手が震えて字がうまく書けなかったことを覚えています。

私がお願いしたあのときに、事務所の方から犯人に対して返却してもらえていれば、このような被害に遭わないですんだのかもしれないという思いはありましたが、犯人の供述を聞いて、その思いはさらに強くなりました。何回思い返しても、残念でなりません。

4 裁判員裁判を終えて

自分にしか言えないことを伝えたいと思っていたし、ちゃんと自分の口から話さないと後悔すると思ったので、何としてもやり遂げたいという気持ちでした。

意見陳述の日には、裁判所に行くことも、法廷に入ることも怖かったです。法廷に入ろうとしても足が前に動いてくれませんでした。

法廷に入った後も、ついたて一枚の向こうに犯人がいると思うだけで、さらに恐怖が襲いかかってきて、声もなかなか出すことができませんでした。

その恐怖から帰りたいという思いと、それでも自分で意見陳述をしなければという思いの中で読み上げていると、突然、犯人から怒鳴られたので、本当にびっくりしました。怖かったけれど、負けてはいけないと自分に言い聞かせて、裁判官や裁判員の方々に絶対聞いて欲しいと思っていた所までは読むことができました。

意見陳述を最後まで読むことはできませんでしたが、私にできることは全てやり遂げられたと思っています。

被害者として、弁護士の先生に無期懲役を求刑してもらえたことは本当にありがたかったです。

以上

関連記事

【元アイドル刺傷】ストーカー規制法はSNS対象外、「警察は対策怠った」と紀藤正樹弁護士




「ファンと一個人として関わらないのが大事」 刺傷事件で優月心菜さんが訴えたかったこと