森友学園、鴻池元防災相に「国有地まけて」働きかけか 国会質疑から事態急転

投稿日: 更新:
MORITOMO
左から鴻池祥肇氏、小池晃氏、佐川宣寿氏、安倍晋三氏 | 時事通信社
印刷

大阪の学校法人「森友学園」の国有地取得の問題が、さらに混迷してきた。

3月1日の参院予算委員会で質問に立った小池晃氏(共産)は、森友学園の籠池泰典理事長が、「ある自民党国会議員」の事務所に、国有地の価格を値引きしてもらえるよう働きかけていたとする記録を入手したとして、財務省や安倍首相に確認を迫った。

安倍首相は「小池さんが、その事務所はどこだというのを、言われたらいいじゃないですか」と拒否した。

しかし、同日夕方に日本テレビが、独自に同じ文書を入手したと報道。この議員が鴻池祥肇・元防災担当相だと明らかにした。

鴻池氏は同日夜に記者会見を開き、籠池泰典理事長から封筒のようなものを差し出されたことなどを証言した

この日のやりとりの経緯は、以下の通り。

※やりとりが表示されない場合はこちらへ。

Close
森友学園
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

森友学園、安倍昭恵夫人の名誉校長就任「承諾得ていた」 安倍首相は「フェアじゃない」



「森友学園」籠池泰典理事長の次男の会見が前日に中止 「必ずしも意見が一致していない」



森友学園の"格安"国有地問題、安倍首相が野党に猛反論「しどろもどろじゃないですよ!」