NEWS

【森友学園】籠池理事長、衆院の証人喚問をテキスト中継「(昭恵夫人に)封筒の中に金子を入れて渡した」

2017年03月23日 00時31分 JST | 更新 2017年03月23日 18時37分 JST
時事通信社

学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長への証人喚問が、3月23日午前に参院予算委で実施された。午後2時50分から衆院予算委でも証人喚問が開かれる。

【関連記事】

取得した国有地で開校予定だった小学校について、これまで籠池氏は「安倍首相から寄付金があった」などと発言。安倍首相側の主張と食い違っており、その真偽が問われている。

参院の証人喚問で、籠池氏は 「安倍昭恵夫人から、『安倍晋三からです』と100万円を受け取った」「財務省の佐川理財局長の命として、部下の島田さんが『10日間身を隠せ』と言われたと顧問弁護士から伝えられた」などと発言。「昭恵夫人からは口止めとも取れるメールが届きました。あんなに開校を楽しみにしてくれていた、どうしてなのか割り切れない」と、恨み節もとれる言葉も飛び出た。

一方で、学校建設費が異なる3通の契約書について問われると、「刑事訴追を受ける可能性がありますので」と答弁を避けた。

証人喚問で虚偽の証言をすれば、偽証罪に問われる。

現在までに、衆院の証人喚問で籠池氏は「(昭恵夫人に)封筒の中に金子を入れて渡した」「昭恵夫人は政治家的(な存在)」「財務省に多少の動きをかけていただいた」と述べた。こうした話に対して、葉梨康弘議員(自民)は「籠池さんが本当のことを言っているかどうかは相当疑念がある」と指摘している。


【※】テキスト中継が表示されない場合は⇒こちら