NEWS

安倍昭恵夫人「携帯水没で...」 籠池夫人との頻繁なメールに書かれていたこと(タイムライン)

2017年03月24日 23時16分 JST | 更新 2017年03月26日 01時11分 JST

大阪の学校法人「森友学園」を巡る一連の問題に絡み、自民党の西田昌司参院議員は3月24日、安倍昭恵・首相夫人と籠池泰典理事長の夫人・諄子氏とのショートメールのやりとりを公表した。

朝日新聞デジタルによると、西田氏が昭恵氏から入手した記録から作成したといい、2016年6月4日から2017年3月16日まで昭恵氏から34通、籠池氏から49通送られている。

23日の証人喚問で籠池理事長は、安倍昭恵夫人から「口止めとも取れるメールが届きました」とメールの内容に言及していた

昭恵氏は2015年9月5日に「瑞穂の国記念小学院」の名誉校長に就任し、同年11月17日には昭恵氏付の公務員から土地取引を巡るFAXが森友学園に送られているが、今回の資料によれば2016年6月4日に昭恵氏が「携帯を水没した」とするくだりがある。

全文は日刊スポーツが公表している。これまでに明らかになった安倍昭恵氏と森友学園の関わりを、森友学園を巡る最近の動きと重ねると、以下のようになる。

※やりとりが表示されない場合はこちらへ。

森友学園

関連記事

【森友学園】「忖度」は英語でどう通訳された? 籠池氏会見で外国人記者に




【森友学園】籠池氏が安倍昭恵夫人側から受け取ったFAX全文を公表 「財務省に多少の動きを」に自民議員は「疑念」




【森友学園】籠池泰典氏の証人喚問・冒頭陳述(全文) 「トカゲのしっぽ切りではなく」